現在大手消費者金融でキャッシングを利用しています。以前1度返済の遅延をしてしまい、現在利用しているところでは増額などを断られてしまいました。他の会社でと考えているのですが、以前の遅延もあるので大手での借入は厳しいと思っています。そこで比較的審査が緩いと聞く中小の消費者金融に申し込みをしようと思っているのですが、東京の中小消費者金融でおすすめのところはありますか?

営業実績が長く金利の高くないところがおすすめです

中小の消費者金融は審査が比較的緩い分、金利が高く設定されるということが多いようです。逆に考えると、金利が大手と同じ程度であれば良心的な会社といえるのではないでしょうか。新しくできた金融会社よりも営業実績がある会社のほうが利用者の声もきけますし、何より今までちゃんと営業しているということです。
(⇒東京の優良消費者金融を探すコツ

貸金法の改正などにより、中小の金融業者も数が減ったと言われています。その中でも営業を続けているということは比較的安心して利用できるのではないでしょうか。昔からある消費者金融でも金利が高いところなどは利用しないほうがいいでしょう。審査が緩いとは思いますが、中には違法な貸し付けなどを行っているところもありますので、利用しないほうが無難です。

消費者金融などの貸金業者がいつから営業しているかどうかは消費者金融などの案内にある登録番号:〇〇財務局長(△△)という部分をみるとわかります。カッコ内の数字が大きいほど古くから営業しているということになります。また金利は大手消費者金融の金利が平均18%であることから、それに近い金利で融資してくれるところなら良いと思います。

東京には中小の消費者金融もたくさんあります。審査が不安で窓口できちんと話をしてから契約したいというのであれば、東京に窓口があるところが良いと思います。現在は地方の消費者金融でもインターネットで申し込みが可能です。いくつか条件の良さそうなところを探して東京以外の消費者金融を検討に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

消費者金融について・東京都中小消費者金融

消費者金融とは、個人向けの小口貸付事業を主に行っている貸金業者のことですが、貸金業法においては、消費者金融という言葉は存在しません。しかし、一般的には個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業者というイメージが浸透しており、大手から中小ローカルまでさまざまな消費者金融会社があります。なお、無担保・保証人なしというイメージがありますが、一部の会社では有担保や保証人を立てることも可能であり、それらは全て契約で定められることになります。

消費者金融は、個人向けの小口貸付事業者としてはもっとも利用がし易いものとなっています。お金を借りる際には返済能力に対する審査を受ける必要があります。審査基準としては、安定した収入があることが前提で、また他に借入金の有無などがその対象となります。

小口貸付でも少額の場合には、安定した収入さえあれば借りることができますが、多額になると収入証明が必要であったり、居住実態である持ち家か賃貸か、また安定した職業であるかなども審査の対象となります。また過去の借り入れにおいての返済実績もその審査の対象となり、延滞などを行っている場合には不利に働くことになります。

特に延滞は消費者金融業者からしてみれば、もっともマイナスに評価されるポイントで、各社が共有している信用情報に載りますし、消費者金融業者内で作成される要注意人物、いわゆるブラックに記載されることにもなります。どちらにしても、大手や中堅どろこの消費者金融では、信用情報を共有しているため、その信用に問題がある場合には、追加または新規の借り入れが断られる可能性が高くなります。

一方で中小の消費者金融は比較的、信用に問題があっても審査が通ることがあります。これは、大手に比べて会社を運営していくコストが低いため貸し倒れのリスクに対して機敏に対応できるためです。その分、金利も高くなりがちで、取り立ても厳しいとされますが、ブラックとなった場合には、中小の消費者金融に頼るしかないのが実情です。

中小の消費者金融が多いのは、やはり人口の多い東京都になります。東京都中小消費者金融は、600を超える業者が貸金業登録を行っています。

【参考ページはこちら】
小規模な消費者金融を利用するメリット