消費者金融で借りれる額の上限は収入によって決まるのでしょうか。

収入や他社からの借り入れ状況によって融資額が決まります

消費者金融での借り入れ額は収入が多い事も重要なのですが、他社からの借り入れ状況によっても変わってきます。またパートやアルバイトでも安定した収入があれば、総量規制(年収の3分の1以上の借り入れはできない)の範囲内での借り入れも可能になります。

収入が多くても他社からの借り入れがあり、滞納していたりすると、借り入れ額の上限が低くなります。ただそれらの事実を隠して、申し込みをすると審査には落ちます。これは各種金融機関が加盟している信用情報機関に借り入れ状況に関する情報が登録されていて、金融機関は情報開示請求をする権限を持っているので、すぐに借り入れ状況が把握できるのです。

多数の会社から借り入れをしていると、返済計画が立てられなくなり、いくら返済すれば良いの分からなくなってしまいます。自己破産や民事再生などの債務整理をすることになると、消費者金融だけでなく銀行からの借り入れや、キャッシュカードの申し込みなども一切できなくなります。

各種消費者金融では、多重債務を防ぐために複数の借り入れを一本化するサービスがあり、利用する人が増えています。しかし総量規制の範囲を超える額を一本化する事はできません。借り入れに対する金利は最大20%なので、たとえ多額の借り入れができたとしても、長期化すると返済額が増えてしまうので、注意が必要です。

【参考ページはこちら】
消費者金融の上限に関するおすすめ記事はこちら

消費者金融で借りれる額と上限額との関係は

消費者金融でお金を借りるときは出来るだけたくさん借りたいと思うものです。しかし、いくら希望しても借りれる額と上限額とは別のものなのです。

これには法律が絡んできています。それは総量規制です。この総量規制とは、年収の3分の1までしか貸出を行えないとした法律で貸金業法に規定されています。年収の3分の1ですから、年収600万円の人は200万円までしか借りることが出来ず、これが上限額になります。これは年収を増やす意外には借りる額を増やす手立てはありません。
(⇒カードローンと年収の関係性についておすすめ記事

もちろん、すべての人が総量規制一杯まで借りれるわけではなく、ほとんどの人はそれ以下になっています。特に初回の場合は30万円から50万円程度になっています。では何故、法律上の上限額まで貸し出さないかというと、それは個人の属性によるからです。

たとえば、賃貸住宅であれば家賃を支払わなければなりませんが、持ち家の場合は住宅ローンが完済していれば支払うものがありません。独身よりも妻も子供もいる方が、特に子供が中学や高校生ともなると学費や塾など色々かさんできます。自由になるお金、つまり支払いに当てるお金が多いか少ないかを判断し、生活が厳しければ貸出額も少なくなってくるのです。

では、この利用額はこのままかというとそうでもなく、依頼すれば増額することも出来ます。先述のように給料が増えれば返済する余裕が出てくるので応じてもらえますし、何よりも継続して利用していれば属性がアップします。返済日に遅れることなく返済し、利用枠に空きが出てくれば再び借入を行い、また返済して、と繰り返すことによって信頼感が増すので、増枠に応じてもらえるのです。

なお、借りれる額が増えると何かメリットがあるのかというと、金利です。借りれる額が大きくなるほど金利が低下します。貸出額が少ないということはそれだけ信頼が無い、借りれる額が大きいということはそれだけ信頼があるということなのです。