カードローンを利用するのに職業によって有利不利はあるのでしょうか?例えば警察官の人などは、どうなんですか?仕事の性格上イメージ的には消費者金融会社の審査を受けるのに不利みたいな気がしますが。どうなんでしょうか?

職業属性的にはカードローンの審査には有利です

カードローンの申し込みの条件に安定した収入というのがあります。その条件が示すように安定した職業の人ほどカードローンの審査は有利と言えます。警察官は地方公務員ですから不利というよりは、むしろ審査には有利です。ただしお金を借りるという事に悪いというイメージがある為に、不正を正すべき警察官という職業と相性が悪いという先入観がありますが、カードローンの契約そのものは正当な契約です。

消費者金融会社は、以前サラ金と呼ばれていました。今でもネットの記事などで時々そう言う呼び方をする人もいます。サラ金というのはサラリーマン金融の略語です。サラ金は使途目的自由な小口の貸金業で無担保で保証人なしという特徴があります。それでサラリーマンなどに現金を貸し出して分割して返済させるシステムで1965年頃からマスコミがサラ金と呼び始めいつしか消費者金融の別名として定着しました。

その頃から労働者だけでなく主婦・学生などにも貸し出しをしていました。そして基本的に無担保・保証人なしというシステムから安定した職業属性の方が審査に有利と言われていました。それは現在でも同じです。カードローンの審査では公務員が一番有利なんです。

それに比べて反対に不利な職業と言えば安定した収入とは正反対の職業という事になります。極端な話で言えばプロ野球の選手がそうです。テレビに出る様な一軍の選手は、年棒が高いのでピンと来ないでしょうが、では2軍の選手はどうでしょうか?年収はサラリーマン並みですが、次の年に契約できるかどうかは、その年の成績次第なので職業の地位そのものが不安定です。
(⇒消費者金融を利用しているのはどんな職業の人?

そう言う人がカードローンに申込んだとすると審査には不利です。そして話が戻りますが、警察官も公務員ですから審査には有利です。しかもカードローンを利用してはいけないという規則はありません。お金を借りる事が悪いというイメージがあるのとカードローン地獄、多重債務者というお金に係わる悪いイメージも影響していますが電化製品を買う時にローンを組みますが実はこれも借金なんです。

カードローンは有効利用出来れば生活に潤いを持たす事が出来ます。しかも最近は利息制限法の改正でグレーゾーン金利が撤廃されて上限金利は20%になりました。だから悪徳業者を見つけ易くなっています。そういう意味ではカードローン業界もかなりイメージアップして来ています。

【参考ページはこちら】
消費者金融では契約社員の雇用はどう見られてる?

警察官は消費者金融のカードローンで優遇される属性

カードローンを契約しておくと、本当に便利です。いざという時の出費には、近くのコンビニや銀行のATMで、手軽にお金を引き出すことができるのですから。

もちろん、いざという時の出費に備えて銀行預金を余分に確保しておければ理想なのですが、それもうまくいかない時があります。急な数万円の出費は、その後しばらくの日常生活に影響を与えてしまいます。

さて、今や日本中に普及したカードローンですが、これを契約するには審査に通過しなければなりません。審査には、仮審査と本審査があります。
(⇒消費者金融の審査基準ってどうなってるの?

まり審査とは、本人の属性に照らして形式的な融資条件を満たしているかどうかを判定するものです。具体的には、勤務先や年収、他社からの借入金額などです。これらに問題がなければ、今度は本審査に入ります。

本審査では、信用情報機関への登録状況が確認されます。債務整理やクレジットの未払いなどがないかどうかを見られます。また、在籍確認と言って、職場へ金融機関が電話をしてくるというものもあります。これはクレジットカードの契約の際も同じです。特に借金のことがバレるような電話ではないので、安心して下さい。これら一連の審査をすべて問題なくクリアすると、初めてカードローンの契約に至ります。

ところで、カードローンとは消費者金融や銀行が発行するものですが、申込に際して、より有利な属性と言うのはあるのでしょうか。

実は、公務員が融資ではとても優遇されるというのがあります。消費者金融も銀行も、その売り上げは、顧客からの返済に伴う金利です。安定的に返済してくれる人ほど、優遇されておかしくありません。つまり、安定的に収入のある人が優遇されるのです。(こちらもご参考に→消費者金融の審査に有利な職業ってある?

そう考えると公務員が優遇されるというのも頷けます。一般事務職から、警察官、自衛官、教員など、公務員にも様々な職種がありますが、それぞれ例外なく優遇されます。民間企業の幹部社員よりも、条件的には良くなるという金融機関もあるほどと言います。