消費者金融で借金した場合は必ずバレるという人がいます。例えば在籍確認とかもそうですし、もしばれるとすればどういう事でばれるのでしょうか?

本人がバラさない限り普通はバレる事はありません

カードローンは個人とカードローン会社の信用取引ですから時に何もなければカードローン会社の方から部外にその情報を漏らす事はありません。だから必ずばれるというのは正確な情報ではないですね。ただし特別な事をした場合は借金がバレル場合はあります。まずご自分のミスから誰かにばれる場合です。

増すカードローンのカードなどを自宅などに放置していた場合、家族にバレる事はあります。また借り入れした時のレシートや契約書をきちんと整理していない。あるいは放置しておいて、それを家族や知り合いに拾われたらバレます。そう言う風に自分でバラさない場合は普通はバレません。

カードローンの申し込みの時にバレるのではないかと心配する方がいますが申し込みの時にも気をつけていればバレる心配はありません。契約時などに街角の自動契約機を利用する時、知り合いに会ったりしてバレる事はあるでしょう。そういう事が気になる場合はインターネットで申込めば絶対に大丈夫です。

また在籍確認は個人名で勤め先の会社に電話するだけでカードローンの事は明かしませんから心配ありません。さらに自宅や会社にカードローン会社から郵送物が送られて来る事はありません。ただし郵送による申し込みなどで配達先を自宅に指定した場合は、一緒に住んでいる人に知られる場合があります。(こちらもご参考に→内緒で借り入れしたい方におすすめ記事

また個人信用情報はカードローンの審査の時以外は照会されませんからその点も大丈夫です。カードローンは、貸金業法で定められた正当な取引ですが、まだまだお金を借りるという事にマイナスイメージのある方も多いです。その事はカードローン会社も良く解っています。だからカードローンを利用すると必ずバレるのならお客様は激減するはずです。カードローンは個人契約ですからカードローンを借りているという事も個人情報になります。

だから本人がうっかりしていてバレる事をしたりご自分で誰かに利用している事をしゃべらない限り基本的に第三者にカードローンの利用がバレる事はありません。でも、それ以外の特別な場合にはバレる場合があります。それは借金を返済をしなかった場合、つまり延滞などがあるです。あるいは返済遅延を何度もした場合も同じです。

カードローン会社もよほどでなければ自宅や会社に電話するような事をせずに契約者の携帯電話で意思疎通を図ろうとするはずですが返済が滞ると、配慮してはくれないでしょう。自宅に督促状が行ったり会社にカードローン会社として電話が入ってバレる事はあります。つまりご自分でバラすつもりが無くても契約違反行為をした時はバレる可能性があります。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査、会社にバレる心配はない?

消費者金融の借金はバレるのが怖いので嫌だという方へ

消費者金融の借金はバレるとよく言われます。バレル先としては、親や友だち、各種ローンを組んだ時に指摘されるとよく心配する方が多いようです。実際にはバレません。もちろん、各種ローンを組む際には審査の上で借入状況が確認されて消費者金融の借入も確認されますが、ほとんどの場合借り入れ金額が少なければ問題となることは無いようです。

消費者金融は以前は悪徳金融業者という呼ばれる企業が合ったこともあり、イメージがとても悪く、現在でも消費者金融から借りると取り立てが酷い、情報がすぐバレるなどと思っている方が多いようです。

しかし、現在の消費者金融は各金融機関の参加に収まっていることが多く、また、独自でいる消費者金融の場合でも法律での制限と自主規制で以前の悪徳業者がやっていたことはすべての業者で行われていないと言われています。消費者金融を含め、金融機関でも現金の貸出は各種法律の制限が加わっています。消費者金融の場合は現金を貸し出す相手の収入の3分の1を超える現金を貸し出すことを制限されています。

そのため、以前のように無理に法外な金利で貸し出すことはありません。このような制限があることもあり、他の金融機関や住宅ローンの提供会社などでも消費者金融からの借入があっても審査上不利にしないことが多くなっています。

特に住宅ローンでは消費者金融からの借入があれば審査が通らないと言われていますが、実際には借り入れ金額が適正であれば問題ない場合が多いようです。他の借入で消費者金融からの借入が問題になる場合は借り入れ先が問題なのではなく、借り入れ金額が問題担っていることが多いようです。借入金額の合計は厳密にチェックされますが、どこから借りているかはあまり関係ないのです。

また、借り入れ金額が少ないのに審査が落ちたと言う場合は、ローンの件数を確認しておくとよいです。審査によっては借入額の他に借入件数をチェックしてることもあります。多すぎる場合はおまとめローンなどで件数をまとめることが必要です。
(⇒消費者金融に関するおすすめQ&A