現在大手の消費者金融会社のカードローンを利用しています。26歳の公立高校の事務職員です。年収は340万円くらいです。カードを利用し始めてかれこれ半年ぐらいになりますが増額の条件はあるのですか?、また増額を申し込んだとして、その為の再審査は、最初の審査と同じですか在籍確認がありますか?

増額の再審査は在籍確認はありません

増額の為には一定の条件をクリアしている必要があります。カードローン会社によって多少違いますが増額の為の基本的な条件はだいたい同じようです。まず良好な取引期間が最低でも半年以上必要になります。

良好な取引期間とは、借り入れと返済が適切に行われているという事でその間に返済遅延が無い事です。そして返済の回数が多いとさらに良好な取引とみなされます。カードローンですから全然借りないのがいいわけではありません。むしろたくさん借りて沢山返している方がいい履歴になります。

そして、他社からの借り入れが無い事も増額の為の条件になります。他社からの借り入れがあると絶対だめというわけではありませんが、増額はかなり厳しくなります。その理由の一つには総量規制があります。

それは個人の年収の3分の1を超える借り入れが出来無いという規制がある為です。だから他社からの新たな借り入れがあると、その借金は、全部合計されて総量規制に照らし合わせて判断されますから借金の合計額が年収の3分の1になった時点で増額は不可能になります。

そう言う訳ですから半年間の良好な取引期間が経過している事、他社からの借り入れが無い事、そして返済遅延が無ければ増額の為の基準は一応クリアしています。また、その場合カードローン会社によっては会社の方から増額の案内が来る事があります。増額の為の再審査は、会社から案内が来た方がずっと簡単です。その場合、在籍確認はありません。
(⇒消費者金融って増額できるの?

ただし増額の場合は数日かかる場合があります。会社の方から増額の案内が来なくてもこれまでにご説明した条件をクリア出来ているのならお客様の方から申し込む事も出来ます。

でもカードローン会社のホームページで、会員専用のページに増額の案内が来るようなシステムの消費者金融会社もありますので、現在利用している消費者金融会社のホームページで増額の為の、詳しい案内や特別な規定があるかどうか確認してみて下さい。

特に特別な規定がなければ個人で申し込む事が出来るはずです。また増額の再審査の場合、審査の状況によっては収入証明書類の提出が必要になる場合があります。そう言う場合はカードローン会社の方から別途連絡が来るようです。

【参考ページはこちら】
いつならできる?消費者金融増額のタイミングとは

消費者金融の増額時の在籍確認についてあるかどうか

消費者金融の増額時の在籍確認についてあるかどうかですが、これは前の借り入れの申し込みからの期間がどの程度開いているのかなども影響をしますし、また、役所にしろ民間企業にしろ、人事異動は付き物であり借り入れの申し込みをした時とは別の部署に異動していることはよくある話です。

他の部署に異動していても、結局のところその部署にいたことには変わりはないので、改めての在籍確認は転職をしていないかどうか、年収などの変動があり得るためにその確認を兼ねて行われるケースがあり得ます。こうした視点からの在籍の確認ということになりますし、貸す側の消費者金融からすればある程度の年数が経っていればリスク回避のためにも行われます。

また、この増額に関しては、定期的にも行われていますが年収の確認を行う必要があります。総量規制と言って年収の3分の1を超える場合には消費者金融などからの貸し出しができない制度になっていますので、その年収を確認する段階で総量規制に引っ掛かっていないかどうかは確認をすることになりますので、自然と勤務先の確認をすることになります。
(⇒消費者金融の在籍確認ってどうやるの?

増額時には総量規制の関係で、信用情報会社には確認がなされることに変わりはありません。もし他社からも借り入れを行っていれば、それらも合わせて借りすぎではないかどうかや、先述のとおり年収3分の1を超えていないかどうかも確認をしなければいけませんから、貸す側もより慎重に判断をするようにはなります。

なお、この年収の3分の1というのは銀行からの借り入れの場合は対象になりませんので、総量規制の計算上からは除外されるものではあります。ただ、銀行からも借り入れていて消費者金融からも借りいれたりしているケースにおいては、さらに貸すことについて総量規制の範囲内だとしても、返済の見込みはあるのかどうかなどをよく確認をする必要はあるでしょうから、新たな借り入れは難しくなるケースはあり得ます。