最近お金の周りが悪くて慢性的な金欠状態です。25歳の男性の会社員です。消費者金融でお金を借りて見ようかなと思うんですが、在籍確認というのが少し気になります。カードローンを利用した場合、在籍確認も含めてカードローン会社から電話が掛かって来たりして勤め先にばれないのでしょうか?

原則として勤め先にカードローンの事を話す事はありません

まず在籍確認ですが、これは勤め先で実際に勤務しているかどうかを確かめるためにする確認の電話です。カードローンは個人的な契約です。しかもお金を借りるという契約ですから、勤め先にカードローン会社から電話があるというのは誰でも嫌なものです。勿論、そういう事情はカードローン会社も知っていますから、もしカードローンという内容が勤め先に解るという事になったら消費者金融会社を利用するお客は激減するはずです。

在籍確認は必ず行うものですから、それが原因で利用客が減るという事になると消費者金融会社にとっては致命傷になりかねません。そういう可能性もありますから在籍確認をする際はカードローンの事は一切出しません。しかも個人名でお客様宛に電話しますから電話を受けた勤め先では何の電話なのかわかりません。ですから在籍確認でカードローンの利用がばれる事はありませんからご心配には及びません。(こちらもご参考に→消費者金融から会社に電話が来るのはどんな時?

次に契約後の電話連絡などですが、申し込みの時に連絡先の電話番号を必ず記入する事になっています。その時に自分の携帯電話を連絡先に指定すれば、それ以後カードローン会社から連絡がある場合は、貴方の携帯電話に掛かって来ます。もっとも基本的に普通に利用していてカードローン会社から電話が掛かって来る事はまずありません。もしあるとすれば増額の案内くらいです。

その内容は利用限度額を増額すると金利が安くなってお得ですとか、増額できる利用限度額を提示されて増額を進められる場合などです。それ以外の電話は原則としてありません。またカードローンに関する連絡事項が郵便などで自宅や会社に来るような事もありません。そういう意味では月々の利用明細書を郵送するクレジットカードとは違います。

ただし、この連絡には例外があって返済遅延とか延滞をした場合は状況が変わります。でも最初は、まず携帯に電話が掛かりますが、遅延が長引いたり、故意に対応しない場合は勤め先に電話が掛かったり自宅に掛かって来たりします。つまり契約違反行為をした場合は例外になります。ですから、何か特別な事情があって返済が遅れる場合もカードローン会社に事前に連絡しておきましょう。そうすれば柔軟に対応して貰えます。

【参考ページはこちら】
消費者金融の借り入れは公庫にバレることはある?

家族にばれないで消費者金融からお金を借りる方法

今話題のカードローン。とても便利なものであることは、広く知られているところです。いざという時のために契約だけでもしておこう、と夫婦で仲良く契約をしている人もいます。幸せ者です。一方で、契約をしたいが、配偶者にばれてしまったら大きな問題になる、という夫婦もあります。

人は生活していくうえで、必ず急なお金が必要となることがあります。その時のために、預貯金は蓄えているでしょうが、それだけでは足りない場合もあり得ます。安定した生活をしていくうえでも、契約だけは済ませておいたほうが良いでしょう。借りることがなければ、金利が付くこともありません。

さて、配偶者にばれないで消費者金融と契約する方法はあるのでしょうか。

そもそも、ばれる理由は2点しかありません。郵送物と電話です。自宅への郵送物を、先に配偶者に見られてしまったらアウトです。見られないようにするには、自宅への郵送をストップする必要があります。また、自宅への電話を先に配偶者にとられてしまったら、これもアウトです。よって、自宅へ電話を指せないように手配することが大事です。

契約時にカードが自宅に送られてきます。このカードがなければ、借り入れができません。この郵送をストップするには、カードを窓口で受け取ればよいのです。申し込みを窓口で行えば、審査に問題なければその場でカードを手にすることができます。その後の郵送物については、すべて拒否する申告をしておきましょう。(こちらもご参考に→郵便物なしでカードローンを発行したい!

自宅への電話は、滞納が著しい時だけです。滞納が確認されると、消費者金融からメールが届きます。このメールを放置していると、今度は携帯電話に連絡が入ります。さらにこれも放置して滞納を続けると、最後に自宅へ電話が入ります。お金を貸している側にとってみれば、当然の行動です。

よって、家族にばれないようにするに、取るべき行動は二つ。一つ目が、窓口でカードを受け取ること、二つ目が、滞納しないこと。これで大丈夫です。