海外旅行に行くので、その費用を消費者金融から借り入れしたいのですが、在籍確認はどこの消費者金融でも行っているのでしょうか。手続きの流れが気になります。

友人は在籍確認で会社に借り入れのことがバレるからという理由で、銀行系の消費者金融のキャッシングに申し込んだ結果、在籍確認をすることなく、借り入れできたそうです。借り入れ手続きの流れは全ての消費者金融で共通ではないのですか。

在籍確認は全ての消費者金融で行っていますが例外もあります

在籍確認は全ての消費者金融で行っていますが、収入証明書の提出により、在籍確認をしないところも増えています。貸金業法では「契約者以外の第三者に契約の事実を知られてはならない」という規定があるので、在籍確認で電話をする時には、個人名を名のります。そこで本人が出れば住所と生年月日を確認するだけで、在籍確認は終わります。(こちらもご参考に→消費者金融から会社に電話が来るのはどんな時?

本人がでなくても「○○は席を外しています」とか「○○は休暇中です」と言う返答が返ってきても、本人がその会社に勤めていると言うことが確認できれば、在籍確認はできたことになります。

また自宅へ送られる明細も、家族に借り入れのことを知られたくない人には敬遠されがちですが、銀行系の消費者金融以外にも大手であれば、それも拒否する事ができます。その場合、メールで明細のファイルが送られてくるので、パソコンで管理すれば合理的な返済計画も立てられます。

全ての消費者金融で共通している事は、定期的な収入があり、借り入れ状況がクリーンな人であれば、審査には通りやすいということです。借り入れをする際には、返済シュミレーションツールで返済額をしっかりと確認するようにしましょう。

消費者金融業者の借入手続きの流れについて

消費者金融業者の借入手続きの流れについてですが、お金を借りたいと考えているのであれば、まずは消費者金融業者選びから始めていきます。それはやはり各業者度に借入の金利に差がある事が特に問題となります。結果的に借入の部分で利息も含めて返済を行う訳であり、最終的に返済する総合計がどの位支払うのかが問題となり、金利に差があれば数十万円も差が付く事も考えられます。

借入を行う消費者金融業者を吟味して探してこの業者ならば安く借入が出来ると言う所を見つければ今度は、そちらの業者に連絡をして借り入れの手続きを行っていきます。まずは申込書の記載となりますが、ホームページを用意している消費者金融業者であれば、そちらの方でインターネットを通じて申し込みを行う事が出来たりしますが、無い場合であれば来店して申込書を記載する事も必要となります。

その申込み書を基に業者が借入が出来るかどうかの審査を行う訳ですが、借入が出来る状況であればその借入の限度額を決めて、その限度額までの借入はいつでも出来る状況となります。

申し込みを行ってそのキャッシングのカード発行などは来店している状況であれば、店員がすべて行いますが、人と顔を合わせたくない人にとっては自動キャッシングマシーンなどでキャッシングカードを作る事も出来ます。音声に従って身分証明書や申し込みなどを進めていき審査の後にキャッシングカードを発行する流れとなって行きます。

こうした状況で手続きを進めていきながら、キャッシングを行う訳でスピーディーな借入が実現していきます。この様な状況を考えていけば速やかな取引は行えて、返済に置いてもその自動のキャッシングの機械で返済を行ったり借入をしたりする事となります。この様に消費者金融業者での借入を行っていく手続きの流れに従いながら、スピーディーな現金の借入が出来る状況となり、しっかりと返済予定を立てた上でキャッシングを行う事がとても大切な事となります。

【参考ページはこちら】
消費者金融で借りる時、必ず確認電話はある?