福岡の消費者金融はブラックリストでも貸し付けするってホントなんでしょうか?カードローンを利用しようと思って検索していたらたまたまブラックでも借りられるという記事があって、少し気になったのでブラックという言葉で検索したら、消費者金融会社はブラックの人にでも融資をするんだなって思って疑問がわきました。ブラックというのは多重債務者ですよね。消費者金融会社ってそう言う人にもお金を貸しているんでしょうか?

金融ブラックの人には基本的に融資はしていません

消費者金融会社と言っても資本金の大きな大手の消費者金融会社もあれが、街角の小さな個人規模の消費者金融会社までその数は沢山あります。そしてブラックにも色々な種類があって、その程度もピンからキリまであります。

しかも消費者金融会社個々に審査基準が違いますからややこしくなります。例えば多重債務者の場合は、その借金の合計が年収の三分の一を超えた時点で借入は出来ません。もしそう言う人に貸し付けをした場合は違法になりますからそれは無いでしょう。

そして債務整理や延滞した場合ですが、基本的には大手の消費者金融会社ならそう言う人に貸し付けをしません。カードローンの審査に通る人は安定した収入があるのと返済能力がある事が必要です。

大手の消費者金融会社が一番重視するのが返済能力ですからいわゆる金融ブラックと言われる何処の消費者金融会社からも貸してくれない人に融資はしません。ただし消費者金融会社の中には、少額の借り入れならば返済は可能ですから個人個人の状況に応じて小口融資をしている所もあります。

ただしそう言う消費者金融会社は例外と見るべきでしょう。一般的にはブラックは借りられません。ただしブラックと言われている人でも7年あるいは10年経過していれば、信用情報の履歴の上からはブラックではなくなります。

そういう場合はカードローンの審査を受ける事が出来ます。ただしブラックの人にも融資するという情報は、特に大手の消費者金融会社にとってがマイナス要素も大きいです。なぜなら、消費者金融会社としての信頼感が低下する可能性もあるからです。

最近の大手の消費者金融会社は、ほとんどが銀行と資本を共有しています。それは単純に資本力の強化という理由もありますが、銀行という堅実なイメージを取り入れて企業としてのイメージアップも図っているからです。だから大手の消費者金融会社は、時代とともに銀行のイメージに近づいていると言えます。(こちらもご参考に→人気の消費者金融会社を教えて!

ただし無担保のカードローンは元々は消費者金融会社のノウハウです。銀行にはない独自の柔軟性があるのも消費者金融会社の特徴ですが、さすがにブラックの人にも融資するとなると企業イメージは下がりますから、最近の傾向としてはブラックの人に対しての審査は以前よりは厳しくなっています。

お金で困ったときは福岡の消費者金融リストを調べる

生活をしていく上で現金は絶対に必要なものです。しかし、給料が低かったり、出費が多い場合には現金に困ることもあります。その結果、次の給料日まで生活費がない、子供の養育費が払えない、飲み会に参加できないといったケースが考えられます。

現金に関する問題は、現金調達方法を知っておくことで解決することができます。消費者金融を利用する方法が一つ考えられます。消費者金融は利用者と正式に契約をすることで、安心して金銭的なやりとりを行うサービスを提供しています。一度申し込みをして、審査に通過すれば自分が好きなタイミングで融資を受けることができます。

はじめて消費者金融を利用するときには、企業の選び方、申込方法、融資と返済についてしっておきましょう。企業の選び方は、毎日テレビ広告を行っている大手企業が安心して利用できます。知名度も高く、利用者数も多いのではじめてでも利用しやすい環境が整備されているのです。また、大手企業の審査に通過できなかった人は、中小企業といった選択肢もあります。地域に密着したサービスを展開しています。大手企業ほど審査の基準も厳しくないので、利用をしている人も多いです。

福岡に住んでいる場合には、福岡の消費者金融リストを閲覧するといいでしょう。地域に密着した企業を見つけることができます。経営をしている期間が長く、実績が豊富な企業を選びましょう。また、中小企業を選択するときには口コミやランキングも活用して十分に下調べをする必要があります。既に利用したことがある人が周りにいる場合は、紹介してもらうといいでしょう。

中小企業であっても、大手企業であっても消費者金融を利用するときには、調べることが大切です。それと同時に返済計画まで立てれば、賢い借入をすることができます。借入金額、借入期間、利息を計算して具体的な数字にしましょう。最も賢い借り入れの方法は、必要最低限の金額を借りて、短期間で完済することです。

【参考ページはこちら】
大手の消費者金融は何歳から利用できるの?