会社を経営していた頃の年収は800万円前後でした。しかし会社が潰れて、今はサラリーマンですが、年収は300万円です。家のローン、車のローン、子どもの教育費と出費ばかりがかさんで、生活は苦しくなるばかりです。

そして生活費が足りなくなってしまったので、お金の借り入れを決意しました。ただ消費者金融から借りるにしろ、審査があるのは知っていますが、年収低いので借り入れできるか、不安になります。借り入れするための最低条件を知りたいです。

定期的な収入の有無と現在の借り入れ状況です

消費者金融の借り入れ審査で重要なのが、定期的な収入の有無と現在の借り入れ状況です。消費者金融は額は少なくても、定期的な収入があって、借り入れ状況もクリーンな人ほど審査には通りやすくなります。ただ総量規制の関係から借り入れ限度額は収入に左右されることもあります。

総量規制とは年収の3分の1以上の借り入れができないという貸金業法で定められた法律で、2010年から施行されています。また他社も含めた借り入れ額の合計が100万円を超えるときには、源泉徴収票などの収入証明書が必要になるので、注意が必要です。

審査は収入や借り入れ状況のほかにも、家や車のローンを抱えていると言うことですが、これは不利になる情報です。ただ審査を有利に進めるために、虚偽の申告をすると審査に落ちる可能性が高くなります。また消費者金融の融資自体が小口融資を専門とする事がほとんどなので、多額の借り入れをしようとしても、希望金額に満たない事もよくあります。

【参考ページはこちら】
消費者金融の借り入れ上限は年収で決まる?

カードローンを申し込む:消費者金融の年収について

消費者金融などでキャッシングをするには、審査に通らなければなりません。消費者金融はボランティアでお金を貸しているわけではないからです。元金に利息を添えて期限内に返してもらって、はじめて営業できるのです。そこで消費者金融は返済能力のある人にお金を貸すことになります。

その返済能力を測るのが審査なのです。その人の属性や年収など様々な項目から、返済能力の有り無しをチェックするのです。そんな項目の一つに、年収があります。融資の際、消費者金融の年収について、具体的な決まりはあるのでしょうか。

実は消費者金融は賃金業法という法に基づいて営業しています。それには、年収の3分の1を超える融資はしてはいけないとなっています。つまり、年収600万円であるなら、無担保で借りられるのは200万円までなのです。

これを総量規制と言いますが、なぜこんな決まりが出来たのかというと、それは返せない人が続出したからです。そうなると消費者金融も大打撃ですが、借りた本人も返済のために闇金に手を出すなどさらなる負の連鎖が続出したためです。

しかし、年収の3分の1までしか借りられないとなると、問題が発生します。自動車や住宅がローンで買えないこととなってしまいます。それに関しては総量規制の対象にならない、除外の借り入れとなるので安心してください。

消費者金融の話に戻ります。はじめて融資を受ける際は、審査に通らなければなりませんが、その際に収入証明書の提出が必要となることがあります。融資金額が高額であったり、自己申告した年収と、本審査による調査結果に大きな差異がある場合などです。
(⇒収入があれば未成年でも借りられる?

その場合は、収入証明書、つまり源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、税額通知書、給与明細書の写しが必要になることがあるのです。また、年収に関して悪意のある虚偽の報告が認められた場合、契約を解除される可能性が高いので、年収が低くて審査に通る自信がないとしても、嘘はつかずに本当の年収を伝えましょう。