25歳のアルバイトの店員です。月収が少ないので消費者金融のカードローンの審査に通る自信がありません。親の名前で申し込むのはダメですか?

個人契約ですから他人の名前で申し込む事は出来ません

カードローンは消費者金融会社と個人との間で交わされる個人契約になります。だから契約者ご自身が申し込まないと審査から契約までの手続きをする事が出来ません。それに審査の時に必要な書類があります。それが本人確認書類と収入証明書類です。本人確認書類は通常運転免許証ですが基本的に本人の写真が写っている事が条件です。本人でない事が解った時点で審査に不合格です。

そして審査に不合格になるだけで済めばまだいいですが、信用情報に記録されると他のカードローンに申し込んでも審査に通らなくなります。基本はご自分でやらないといけません。なおアルバイトの収入が少ないという事ですが、カードローンの場合重視されるのは収入が安定しているかどうかという事です。例え月収が高くても不安定な人より収入が低くても安定している人の方が審査には有利です。

勿論極端に低い年収は審査に多少の影響がありますが、カードローンの場合は年収で審査されます。最近のカードローンの傾向としてはアルバイト収入でもちゃんとした収入があれば審査に合格できます。そしてその審査の結果によって返済能力がどれくらいあるのかを判定されて最初の利用限度額が決まります。審査基準はカードローン会社ごとに違いますから審査を受けて見ないと、どれだけの利用限度額になるかは解りません。
(⇒消費者金融の審査基準ってどうなってるの?

でも最初はどんなお客さまでも利用限度額は低めですから目安としては10万円~30万円くらいではないかと思います。もちろん審査結果次第ですからこの数字になるとは限りません。あくまで一般的な目安です。なおカードローンを初めて利用される場合は、無利息ローンが使えます。最初の返済に限り利息が無料になるというお得なサービスですので、申し込む時は是非無利息ローンをご利用ください。

申し込み方法はインターネット、スマートフォンが便利です。他に携帯電話、固定電話あるいは自動契約機でも申し込む事が出来ます。一番便利で手続が早いのがインターネットです。しかもインターネットを使えばネット上で会社を比較しながら選択できますからご自分のニーズによりあった会社を選ぶ事が容易になります。またカードローン会社のホームページで返済済レーションも出来ますので実際に支払う金額も大体つかめますから返済計画も立てやすいです。

親の名前で消費者金融でキャッシングを利用する

消費者金融は主にキャッシングなど、現金を貸し出すサービスをしていますが、年齢が低くても親の保障を使って契約することができるようになってきています。親の名前で借りるということですが、一定の審査を行ってサービスが行われています。消費者金融のサービスを利用する際に必要になるのは一定の収入と借入額についての審査です。

この他、未成年など低年齢の方は親の保障が必要となることがあります。審査では収入がチェックされますが、収入については年収でのチェックとなります。収入のチェックは以前は月収によるチェックが行われていました。月収制の一定収入のサラリーマンでないと審査が通らない場合が多かったようです。

しかし、年収によるチェックは職業の壁を無くし、アルバイト・パート、主婦や学生でも審査が通りやすくなっています。また、職業での審査の他、年齢による審査もなくなってきていると言われています。(こちらもご参考に→消費者金融はどんな職業の人が利用してる?

年齢による審査は未成年や若い世代でも利用できる他、年金生活者でも利用できるようになってきており、年齢、職業の壁がなくなってだれでも利用できる機会が増えたと好評です。年収の審査はアルバイト、パートでもできるようにほぼ制限がなくなりましたが、借入希望額が高額な場合は在籍確認と呼ばれる職場への電話等の確認が入ることがあります。

在籍確認は数万円から数十万円程度では行われないことが多いので、まず申し込みたいという場合は借入可能額を下げて審査を受けることをオススメします。審査は他社からの借入もチェックされます。借入は消費者金融や金融機関が共同管理している情報管理会社に問い合わせて行われます。

情報管理会社には各会社で行われた借入、返済の情報がほとんどすべて保存されており、個人の借入が分かるようになっています。消費者金融には法律で総収入の3分の1を超える金額は貸し出してはならないという法的な制限があり、厳密な審査が行われています。

【参考ページはこちら】
たくさんの人が消費者金融を利用する魅力とは?