生活保護を受けていますが、まとまったお金が必要になる時があります。そんな時に消費者金融を利用したらどうかなと考えたことがあります。生活保護も月々の安定した収入なんですが、私の様に生活保護を受けていて消費者金融会社を利用するのはダメですか?

大手の消費者金融会社は融資をしないと思います

生活保護は生活に必要な必要最低限度の収入を受給してくれるものです。病気などが原因で働く意志があっても働く事が出来ない。医療費が支払えないので医者にかかる事が出来ない。あるいは住居費などの家賃が支払えないなど、自治体によって基準が違うようですが、基本的に生活に困っている人の為に受給されるもので消費者金融からの借り入れは禁止されています。

また社会通念上からも生活保護を受けている人が借金の契約をするというのはおかしな話です。カードローンの申し込みの条件は安定した収入がある事です。生活保護は安定した収入とはみなされません。最低限の生活をする為に使用するという事でいうと、使途目的はある意味で限定されています。

最もそれを定期的に管理指導するのは福祉事務所ですが、幾らなんでも生活保護受給中に、消費者金融会社に申込んだ事が解れば福祉事務所も黙ってはいないでしょう。そうなればカードローンを利用出来るかどうかより、生活保護を打ち切られるという問題になります。

また既に借金がある場合でも、新たな借金はなんの言い訳にもなりません。生活保護受給者は行政の救済を受けているわけですから、借金も債務整理という法的救済の手段をとるのが妥当でしょう。借金をして返済をしながら生活が出来るというのなら、ある意味で借金できるだけの余裕があるという事になってしまいます。ですから生活保護受給者に大手の消費者金融会社が融資する事はありません。

また中小規模の消費者金融会社の中には、生活保護受給者に融資をしている消費者金融会社があるかもしれませんが、そう言う業者は、まず違法業者の可能性が高いと判断していいでしょう。というより話は戻りますが生活保護受給者が消費者金融会社にカードローンの申し込みをしてはいけません。

勿論、クレジットカードも同じです。基本的にカードローンは組めない事になっていると思います。それらの事については、実際にやってみるよりもまず福祉事務所と相談してから決めるべきですね。生活保護受給資格も年々厳しくなってきていると聞いています。折角の公的給付を無駄にするのはもったいないです。

【参考ページはこちら】
すぐに借り入れできる消費者金融が知りたい!

生活保護の受給者でも消費者金融は利用できますか?

生活保護者と消費者金融の関係はどのようなものでしょうか?例えば、生活保護者として受け取る保護費を消費者金融の返済に充てることはできるのでしょうか?これについてははっきりとした回答が得られます。生活保護者が受け取った保護費を消費者金融の返済に充てることはできません。そうしたことは法律によって禁じられており、もしそうするなら保護を止められてしまうことになります。

また法律違反により罰則を受けることにもなります。そもそも、生活保護費とは何かについて考えてみる必要があります。これは端的にいえば、生活苦の国民のための最後のセーフティーネットであり、また国民の権利でもあります。

どうしても経済的な必要を賄えない人のために、国が救済策として割り当てる予算なのですから、それを個人の借金返済に充てることはできないのです。そうした精神に基づいて法律によって違反とされていますから、保護費を返済に充てることは絶対にしてはいけません。

さて一方、そもそも生活保護者が消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか?これについてもはっきりした回答を得ることができます。ずばり、消費者金融からお金を借りることはできません。サラ金だけではなく、銀行も、信用金庫でも借りることができません。そうした決まりになっており、例え謳い文句で借りることができるとされていても、法律では禁止されています。

ただし、国の公的制度を通じて融資を受けられることもあります。生活に困った人に向けて、国が無利子で融資を行う制度があり、そうした制度を活用すれば保護者でもお金を借りることができます。これなら合法的にお金を借りることができますが、保護者としてサラ金や信用金庫からお金を借りることはできません。この点についてはしっかり認識しておくようにしましょう。

インターネット上では時に、保護費の受給者でもサラ金が利用できるとした謳い文句を目にすることがあります。いかにも合法的であるかのように見せかけていますが、こうした謳い文句は法律に準拠したものではないので注意するようにしましょう。
(⇒消費者金融に関するおすすめQ&Aをチェック!