20代のアパート住まいで自宅に電話をつけていないんです。何かあれば携帯に連絡が来るし、一人暮らしなんで子供がいるわけでもないし、固定電話を持つ必要がないんですよね。でも、消費者金融の審査で自宅電話があるのとないのとでは印象が違うと何かで見た記憶があるので、携帯だけしか持っていない自分でも大丈夫か不安です。実際のところ、固定電話の重要性って、審査のときに高いんですか?

無いよりはマシですが、携帯でしっかり連絡が取れればOKですよ

固定電話の意義は2つあるんです。1つは電話加入権というステータス、もう1つは固定電話があることによって簡単にその場から動くことが無いという安心感のようなもの。昔から固定電話を引いているかは審査での重要項目でしたが、今ではその重要性は薄れてきていると考えてもいいでしょう。

ステータスとしての固定電話については、20代の方にはわからないかもしれないですね。昔、固定電話には「加入権」というものがあり、単純に言えば電話番号を数万円だして買い取ることで初めて、家に電話を引いてこれる時代があったんです。

今でも新規固定電話加入は工事費を含めて数万円しますが、それとは別に「加入権」を売ることもできたんですよ。携帯の普及など諸々の理由によって、「電話加入権」を売り払うことができなくなったため、固定電話の金銭的価値はなくなってしまいましたが。

金銭的価値はなくなったとは言え、固定電話を設置しているという事は、「そこから簡単にはいなくならない」という貸す側にとっての安心感を印象付けることができます。携帯だけの場合に問題視されるのは、この部分が大きいでしょう。

しかし、かかってきた電話にすぐ出られること、あるいは取り込み中で出られなくてもきちんと折り返し連絡ができることなどで、「ちゃんと連絡が取れるからOK」と判断してもらうことは充分可能ですから、固定電話が無いから不利とは言えない時代になりました。

あるに越したことはありませんが、なくてもちゃんと連絡がとれる人だと印象付けられることができれば、携帯だけでも全然問題はありませんよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融の在籍確認ってどんな内容?

携帯電話から借り入れの契約ができる消費者金融について

携帯電話から申し込みや融資の契約を完了させることができることで、店舗や自動契約機が近所にない人の場合でも簡単に融資を受けることが可能です。

インターネットからの申し込みに対応している代表的な消費者金融はアコムです。アコムはいち早くスマートフォンや携帯電話からの借入れ手続きできるように対応した、消費者金融業者と言って良いでしょう。(こちらもご参考に→消費者金融の中でも人気の会社を教えて!

インターネットから申し込みができるようになったことで、24時間利用者のニーズに合わせて融資を依頼をすることが可能ですので、休日であることや営業時間外であっても気にすることなく融資を受けることができます。

借入れの手続きには健康保険証や運転免許証などの本人確認書類の提出が必要になります。

住所や氏名、生年月日が記載されている身分証明書を使うことによって、借入れの申し込みをしている人の個人的な信用情報について調べることができますので、過去の金融事故や借入れを行ったときの滞納状況、他の金融業者からの借入れ状況などを調査することが可能で、それらの情報を元に融資が行われたり、利用限度額が決定します。
(⇒消費者金融では貸付条件が決められているってホント?

携帯電話のカメラ機能を使うことで必要な身分証明書を撮影して、メールに画像を貼付する方法で提出することができます。スマートフォンの場合ではアプリを使ってアップロードすることで書類の提出作業を行うことができます。

アコムのキャッシングでは、50万円の金額を超えない融資希望額のときや、他の消費者金融からの借入れ残高とアコムから借入れる金額との合計額が100万円以下であれば、所得証明書や給与明細書などの収入証明書の提出しなくても融資を受けることができます。

アコムの審査は結果が出るまでに必要な時間がとても短くて済みますので、申し込みを行ってから即日で融資を受けることも可能です。

即日融資を受けるためには借入れの申し込みや、融資の契約、必要書類の提出などの作業を平日の午後2時までに完了させておく必要があります。