借り入れについて調べています。金利は数字がはっきり出ていて判断しやすいんですけど、融資までの時間、特に即日や翌日に借りたいときに適しているのは銀行と消費者金融のどちらでしょうか。大手の消費者金融やめぼしい銀行などでは、どこを見ても即日融資や即日回答と書かれているので、実際に申し込みから借り入れまでの早さを比べるのが難しく感じています。銀行と消費者金融のスピードには大きな差はないのでしょうか。

総合的に考えるなら、早い融資は消費者金融の方が上です

一概に「こっち!」と答えを出すのは、実は早計になってしまうんです。最近は銀行も個人向け融資を即日で行なっているし、全部が全部遅いとは言えないんですよ。なので、あくまで業界全体を総合的に評価するという意味での比較という前提でお答えをします。

即日融資にこだわるのであれば、消費者金融の方に軍配が上がるでしょう。大手カードローンならネットで申込みをしておけば日中に審査をしてくれるし、審査に通れば、近くにある自動契約機でカードを発行してもらうことが可能。その日のうちにカードでキャッシングもできます。

カードローン型ではない、いわゆるフリーローンを中心に営業している中堅~小規模の消費者金融では、公式サイトなどが無い、直接来店する必要がある所も多くなりますが、それでも融資の早さはその場で行なわれる事が基本。対面与信でその場で契約&融資というパターンですね。

銀行の融資は、審査後に来店が必要だったり、カードローン式の場合はカードが到着するまで1~2週間かかるなどするものもあります。最初に書いたように、即日融資をしてくれている銀行もありますが、当日の午前中までに契約完了とか、その銀行の口座を持っていることとかの条件がついていることもあり、「確実に早さを求める」のであれば、まだ消費者金融業界には一歩遅れを取っているという感じですね。

【参考ページはこちら】
自分に合う消費者金融を探すにはどうしたらいい?

審査スピードが最も早いのは消費者金融ですか?

とにかく今すぐお金を借りたい!そんな風に融資を急ぐ人も多くいらっしゃいます。早いスピードでお金を借りるためには、どんな方法があるのでしょうか?

一つは、即日融資可能な金融業者を探すことです。即日融資可能な金融業者といえば、消費者金融を挙げることができます。消費者金融業者の中には即日融資が可能なところがたくさんあります。その理由は、利用審査が早いからです。(こちらもご参考に→土日でも即日融資が受けられるところはある?

即日融資を可能にするためには、審査でもたついていてはいけません。スピード審査が必須であり、申し込みから利用までがスピーディーに運ばなければならないのです。それができるのが消費者金融であるといえるでしょう。

審査が早いサラリーマンローンなら、申込んでその日のうちに利用開始できる場合もあります。そんな利便性の高い消費者金融ですが、デメリットについても考えておかなければなりません。

まず一つは、総量規制の対象になることです。サラ金の大きなデメリットの一つですが、貸金業法に基づく総量規制の対象になってしまうのです。総量規制についてはご存じでしょうか?これは端的にいえば、借り手の年収の3分の1までしかお金を貸してはならないという決まりのことです。

例えば、年収が300万円なら、100万円までしか一度に借りることができないのです。こうした総量規制の対象になることが消費者金融の大きなデメリットになります。

また、金利が高く設定されていることもデメリットに挙げることができるでしょう。金利が高いことは、返済負担を重くすることにつながり、油断すると多重債務者になってしまう危険もはらんでいます。そうならないように事前に返済計画と金利計算を行っておく必要がありますが、それを怠ると大変な事態を招いてしまうことがあります。

さて、サラ金の良い面として早い審査が可能であることを知ることができました。しかし一方で、デメリットもあるということも分かりました。利用の際は、そうしたメリット・デメリットの両方をバランスよく見ておくことをお勧めします。