消費者金融のレイクは銀行と提携している?金を借りようと思い、レイクについて調べていたのですが、ちょっと気になったので質問しました。

消費者金融のレイクの銀行提携について

レイクは以前は消費者金融だったようですが、今は違います。今は商標や店舗といったものを銀行に譲渡していて、銀行系のカードローンとなっています。提携しているとは同じかわかりませんが、今は消費者金融ではなくなっています。利用を考えているならそこを間違えないようにしましょう。
(⇒銀行と消費者金融、融資が早いのはどっち?

銀行系になったレイクは、消費者金融にある総量規制に引っ掛かることがありません。だから規制である「年収の3分の1」を超える借入も可能となっているわけです。しかもレイクは即日で借りることもできるようになっている。銀行系は即日では貸してくれないようなイメージがありますが、ここは違うようです。今はネットを利用して申し込むことや自動契約機を使って申し込むことができます。

自動契約機は、その場でカードの発行も行ってくれとても素早いです。近くに契約機があるなら利用してみるのもいいでしょう。提携しているといえば、レイクはコンビニなどにも提携ATMが置いてあります。手数料も無料で使えるようになっているので、手数料を気にせずに使うことができる。コンビニは24時間あいているから、急にお金に困ったときに使ってみるといいでしょう。

提携ATMはさまざまなコンビニ等にあるので、レイクのホームページで確認してみてください。

【参考ページはこちら】
レイクは消費者金融じゃないってホント?

レイクって銀行系消費者金融なので安心して利用可能

消費者金融の中には銀行の子会社として運営されていたり、大手銀行と提携をしている金融業者もありますから、

銀行が行っている融資のサービスなのか消費者金融が行っている融資のサービスなのかわかりづらいこともあると思います。

レイクって銀行が行っている金融サービスなのかどうか迷う人もいると思いますが、レイクは新生銀行が行っている消費者金融会社となります。

分類としては銀行系のカードローンと考えて良く、法律で制限されている年収3分の1の融資枠を超えて貸し付けをすることができます。

新生銀行カードローンのレイクは、年齢が20歳から70歳までの人が融資を受けることが可能で、収入金額や雇用形態によって融資が受けられないということはありません。
(⇒カードローンの審査基準に関するおすすめ記事

安定した収入を得ていることが融資が可能な条件となっていますので、アルバイトやパート、派遣社員、自営業などをしている人で定期的に収入を得ていることが借り入れ契約ができる条件となります。

新生銀行という知名度の高い大手銀行が行っているサービスということで、高い信頼を持って利用できる点も大きなおすすめポイントと言えます。

レイクの審査スピードは速いので、申し込みをしてからカードの発行を受けるまでに必要な時間は最短であれば40分程度で完了します。

即日融資を受けることを希望している人の場合では、スマートフォンや携帯電話を使うことでいつでも、店舗や自動契約機に行くことなくどこからでも融資の申し込みをすることができます。

平日の午後2時までに申し込みの手続きを完了させて、運転免許証などの契約に必要になる書類の提出を済ませることで申し込みをしたその日のうちに指定口座にお金を振り込んでもらうことが可能です。

女性でも借入しやすいサービスとして、レディースローンのサービスが行われています。

専用のフリーダイヤルを使って電話をすることで、女性スタッフが対応してくれますのでカードローンの利用に慣れていない女性の方でも申し込みの相談がしやすくなっていておすすめです。

銀行系のカードローンらしく低い金利で融資を受けることができますので、返済金額が少なくてお得に借り入れができます。