30代の男ですが、訳あって現在無収入です。失業保険が今月切れ、後はなけなしの貯金だけなのですが、無収入でも借りれる消費者金融会社ってありませんか?仕事探しをしてはいるものの、なかなか思うようにいかず、2ヶ月か3ヶ月後には生活費を借りる必要に迫られそうなんですが…。

消費者金融は法律上、無収入の方への融資はできません

人生いろいろと言いますし、早く新しいお仕事が見つかることを願うばかりですが、消費者金融会社で無収入の方への融資をしてくれる所はまず100%ありません。それは、法律で決められていることだからという決定的な理由があるからなんです。

消費者金融会社が融資できるのは、申込者の年収に対して3分の1までと制限されています。これを「総量規制」といい、1社だけでなく貸金業者(銀行など金融機関を除く)の貸付限度額の合計が年収の3分の1とされているんです。そのため、無収入の方は年収ゼロの3分の1で貸付可能額はゼロということになるんですね。

特例として、専業主婦などは配偶者の同意書などがあれば融資OKとなっていますが、それを採用している消費者金融会社も大手ではほぼありません。それだけ「本人の収入」が重要視されている業界だということですね。(こちらもご参考に→専業主婦が旦那にバレないように消費者金融で借りるには?

もし、生活に困窮しての消費者金融探しであれば、それはお薦めできるものではありません。仮に借りれたとしても返済のメドはないわけですし、そうなれば貸してくれた消費者金融会社にも迷惑がかかることになります。

もし懸命に就職活動をされていても職が見つからず、生活費に困ることがあれば、社会福祉事務所や役場の生活保護担当課へ相談することを考えましょう。借金でその場を凌ごうとするよりも、借金なしの状態で保護の相談をした方が、保護決定にも有利(生活保護費で借金の返済はできませんから)になります。

まずは転職活動に専念して、無収入から脱出できるように頑張ってください。そして、あらゆる制度を活用して生活に困ったときにも落ち着いて行動できるようにしてくださいね。

【参考ページはこちら】
無職でも審査に通れる激甘な消費者金融はある?

無収入の人が消費者金融を利用する方法とは

無収入でも消費者金融を利用することができるのでしょうか?結論からいえば、その通りであるといえます。全ての消費者金融で可能だとはいえませんが、無収入での利用を認めるところもあり、そうした業者なら審査に通過することによって利用できるようになります。

まず、無収入の人間とはどういう人たちのことでしょうか?無職の社会人、未成年者、高齢者、専業主婦などが挙げられます。このうち、未成年者、高齢者、専業主婦を例に考えてみましょう。まず未成年者ですが、業者によっては親の同意が得られれば利用が許可されることがあります。

ただし、親の属性がポイントになります。親に安定した収入があり、他社からの借入がなく、過去の金融事故の履歴もないのであれば、利用が認められる可能性が高くなります。しかし、同意があってもこうした親の属性が悪いなら、利用が認められない可能性があります。ただし、未成年者で無収入であっても、消費者金融が利用できる可能性があるということが分かります。

次に高齢者ですが、高齢者の場合はその多くが年金受給者となっています。この年金受給者としての高齢者のうち、受け取る年金が安定収入と認められた人については、融資が認められる可能性があります。ただし、年金が安定収入だと認められなければ返済能力がないと判断されますので、その場合は審査に通らない可能性が高くなります。ただしこの場合も、収入がなくても利用ができる可能性があることを示しています。

最後に専業主婦についてですが、専業主婦の場合は、まず夫の同意が得られること、そして夫に安定収入があること、この条件をクリアできれば審査に通過できる可能性があります。実質的に借り手が夫になるという形ですが、夫の同意と属性がよければ利用できる道が開かれます。ただしどんな場合でも、過去に重大な金融事故を起こした履歴がある場合は、現在の属性がどれだけ良くても利用が認められないこともあります。