消費者金融の審査に電話で会社や自宅に確認をしてくるのがありますよね?あの電話審査は本人が出れなかったらどうなるんですか?他人が出て本人に代われなかったら、審査はアウトになってしまうんでしょうか。

本人が出れなくても「確認が取れれば」審査通過、大丈夫ですよ

会社への電話は「在籍確認」とよく言われます。この電話に本人が出られなかったらどうなるのか、利用したことが無い方にはわかりませんよね。でも、大丈夫です。本人が出られなかったとしても、そこに勤めていることが確認できれば審査は通過します。「在籍の確認」が目的ですから、本人が絶対に出なければいけないというものではないんです。

在籍確認にしても自宅への電話にしても、消費者金融の担当者は個人名でかけてきます。「○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」といった、ごく普通の会話です。もし、電話に出られなくても、「席を外している」「休んでいる」「出張中」など、本人がそこに勤めているとわかれば、「またかけ直します」とか、「携帯にもう一度かけてみます」とか無難な会話で審査は終了です。くどいようですが、審査の目的は「在籍の確認」ですから、勤めているとわかればそれでいいんです。

「電話審査」と言われると、本人が出て質問に答えられなければいけないんじゃないかとか、借入れの申し込みをしていることがばれるんじゃないかと不安に思われるかもしれませんが、その辺は安心していいですよ。「借り入れの申し込み」という個人のプライバシーに関することは消費者金融の担当者は絶対に口外しませんし、他の人に根掘り葉掘り質問することもありません。電話審査とはその程度のものだと気楽に考えましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の中で在籍確認なしのとこ教えて!

消費者金融の審査時に他人が電話確認に出た場合の注意点とは

日々の生活の中で急な出費を余儀なくされたり、どうしてもお金が不足する事態に見舞われることはよくあるものです。そんな時には消費者金融の借り入れサービスを巧く活用することで、ピンチを難なく切り抜けることができるでしょう。

こういった借り入れサービスは手続きが簡単で、なおかつ融資がスピーディーなのが特徴的です。代表的な手法を挙げると、カードローンやキャッシングなどがそれにあたります。前者のカードローンは個人カードを発行して持ち歩くことで融資が必要な際には近くのATMを利用してすぐにお金を引き出すことが可能となります。

後者のキャッシングは融資希望額を銀行の預金口座に振り込んでもらうタイプのもの。こちらは自宅に居ながらにしてネットや電話からすべての手続きが行えることもあり、大変人気を博しています。

しかしながら消費者金融から借り入れを行うにあたっては然るべき審査をクリアしなければなりません。まずはネットや電話、自動契約機、店舗窓口で申し込んだ氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの情報が精査され、借り入れに相応しい資格があるかどうかを吟味されます。その上で信用機関への照会を行って過去の借り入れに問題点がなかったかをチェック。さらに勤務先へ電話をかけて、本人がそこにきちんと在籍しているかどうかを確認します。これを在籍確認と呼びます。
(⇒会社に消費者金融の利用がバレることはない?

これはいつかかってくるか分かりません。また、本人が会社にいる時以外にもかかってくる可能性は十分に考えられるので、他人が電話確認に応答してしまうことも少なくありません。

消費者金融の担当者はこのような時にも決して会社名や借り入れサービスの具体的な名前を明かすこと無く、あくまで個人名にて電話をかけて申請者に電話を取り次いでもらえるようにお願いすることとなります。それゆえ会社内の全くの他人が電話に出ても借金に関してバレることは一切ありませんので安心して良いでしょう。

また、電話確認の過程では申請者個人宛に連絡が来ることも少なくありません。この時に本人以外の他人が代わりに電話確認を行うことは決して許されません。契約違反にあたることもあり得ますので、必ず本人が確認の電話に出るようにしましょう。