消費者金融を利用したことが無い、借金初心者に教えて欲しいんですけど、申し込みをした後で会社に在籍確認の電話がかかって来るてよく言われてますよね?その電話って、どういう内容の会話をするんですか?その電話で会社の人にお金を借りるのをバレてもみんな平気なんですか?

会社に個人が電話をしてくる感じで、審査だとは絶対に言いません

知ってる人には何てことのない在籍確認の電話も、知らない人にしてみたらどんな会話をするのか不安になりますよね。例えば、消費者金融のA社に申し込みをしたとしましょう。A社が行なう在籍確認の電話はだいたい次のような感じです。

「佐藤と申しますが、(申込者)さんはいらっしゃいますか?」

え?と思われたかもしれませんが、これが一般的な在籍確認の電話です。もし申込者本人が不在でも、「休みです」「外出中です」「席を外しています」などの答えを受け取ったら審査は完了。そう、その会社に間違いなく勤めていることが判ればそれでいいんです。

消費者金融会社は借り入れの申し込みをしてきているというプライバシーを必ず守った範囲内での審査電話をしてくれます。間違っても「消費者金融のA社です。お宅に○○さんがお勤めになっているかの確認でお電話差し上げました」なんてことは言いませんので安心してください。

もちろん、電話を受けた人に「ひょっとしたら、今の消費者金融かも!?」と思われることはあっても、「絶対に借金の審査だ」とはバレません。あくまでも友人・知人が電話をしてきたと言えばそれで済む話になるように考えられています。
(⇒消費者金融から会社に電話が来るのはどんな時?

消費者金融の審査の際に在籍確認は重要です

給料日前なのに金欠、断れない飲み会に誘われたけれど参加費を払う余裕がない、急に冠婚葬祭の予定が入った等、突然お金が必要になった時等に、便利で頼りになるのがキャッシングやカードローンです。契約が終わっていれば、いつでも必要なお金を手軽に借りる事ができて、お金がない事で悩んだり、何かを諦めたりする必要がなくなります。

そんなキャッシングやカードローンは、担保や保証人なしに利用できる手軽さも人気の秘訣となっています。ただ、担保や保証人が必要ない代わり、利用する人に一定の安定の収入がある事という事が重要となってきます。その為、審査の際は、年収が基準に達しているかどうか、どんな雇用形態で働いているか、どの程度継続して働いているか等、働き方に関しての項目が重要になってきます。

そして、同時に重要になってくるのが、在籍確認です。申し込みの際、申告された情報に書かれた企業で本当に働いているかどうかを確認するものですが、この確認は電話で行われる事になります。ただ、必要であっても、消費者金融などから職場への電話があるというのは困ると考える人も多いでしょう。

その為、在籍確認は、消費者金融からである事は伏せ、電話をかけるオペレーターが個人名で、友人などを装い、審査を受けている人を呼び出して貰う事で行っていきます。この場合、職場にいる必要はなく、電話に出た人が、ただいま席を外しています、と返事をすれば、在籍が確認できたという事になり、それ以上、何かを聞き出すといった事はありません。

ですから、電話に出た人が、とても勘が鋭い人でない限り、消費者金融からの電話であるという事は気づかれる事がありません。ただ、それでも在籍確認に抵抗があるという人もいるでしょう。消費者金融の中には、在籍を証明できる書類の提出により、在籍確認を免除してくれる業者も存在しますが、限度額が低く設定される可能性などを考えると、よほどの理由がない限り、在籍確認は受けておくのがお勧めです。

【参考ページはこちら】
消費者金融の審査で他人が電話確認に出たらアウト?