大学在学中で就職内定をもらっている者ですが、ひとつ教えていただきたいことがあります。消費者金融から就職内定を元にしてお金を借りることはできるでしょうか。卒業から就職に向けて、何かとお金がかかるようなので、もしもの時には消費者金融からの借り入れも検討しておかなければいけないかなと思い、相談させていただきました。

申し込み時点で「安定・継続した収入」のあることが条件です

人生の節目は何かとお金がかかるものですよね。そこで就職の支度金を消費者金融で…とお考えになるのもわかります。しかし、消費者金融からお金を借りるための条件は、「申し込みの時点で、安定して継続した収入があること」なんです。就職が内定しているとはいえ、まだ実際に働いているわけでもなく、お給料も頂いていない状態では、消費者金融も融資するにできないというのが現実です。

就職内定者として申し込みは不可能でも、今アルバイトをされているなどで収入があれば、それを元に申込みができる消費者金融会社は沢山ありますよ。いくら就職の準備とは言え、いきなり50万だ100万だと必要になる物でもないでしょうから、10万円前後の融資を希望されるのであれば、職業アルバイトでの申し込みも検討されてみてはいかがでしょう。

就職後は勤務先の変更を届け出るなどの手続きが必要になりますが、それでもより安定した方向への変更手続きですから、質問者様にとって不利になることはないでしょう。

繰り返しになりますが、消費者金融からお金を借りるには、あくまでも「申し込み時点で収入が安定し、継続してあること」が条件であると覚えておいて下さいね。

【参考ページはこちら】
無職だけど就職先は決まっている場合借り入れできる?

内定者が消費者金融を使うと不利になるのか

就職内定者が消費者金融を利用すると内定取り消しになることがあるという噂がありますが、まったくの嘘です。消費者金融に内定が決まった場合は別な考えが必要になりますが、一般的に内定者が消費者金融を利用しても内定を出した企業が消費者金融を利用しているかどうか調べられません。

一部金融機関の場合、本人に借入状況の調査をすることに同意を求めていたこともあるようですが、現在では個人情報に当たるので調査する、もしくは調査に同意させることはほぼなくなっています。そのため、内定取得後に借り入れをしても問題はありません。

ただし、内定取得しただけでは決まった収入が無いという場合は借入可能額が低い、もしくは審査が通らないということもありますので注意が必要です。各種ローンやキャッシング・サービスの審査では収入と借入状況の確認が行われます。

そのため、内定が出ていたとしても給料をもらっていないので収入としては記載できません。アルバイト・パートをしている場合はそちらの収入が利用されることになります。アルバイト・パートではローンやキャッシング・サービスが利用できないと言われていたこともありますが、現在では収入のチェックが年収によるものに切り替わっていることもあり、アルバイト・パートでも振りになることはありません。

また、年令による審査もなくなってきているので年金受給者でも各種ローンが利用できるようになっています就職内定をとり、就職の準備をする際にまとまった金額が必要になることがあり、ローンを利用したいと考えている方も多いと思います。

アルバイト・パートで追いつかない場合は収入に合わせて各種ローンやキャッシング・サービスが利用できますので内定をもらったから、内定を取り消されないように借入をしないではなく、無理なアルバイト・パートをせずにライフスタイルに合わせて計画的な返済を前提に各種ローンやキャッシング・サービスを利用することをオススメします。