消費者金融からの借り入れで、公務員だと必ず審査に通ると聞いたのですが、職業って借り入れに関係あるんですか。

公務員は収入が安定しているので信用され易い職業です

消費者金融の審査は、安定した収入があることが最も重要なので、公務員だと返済に対しての信用度が上がります。しかし審査の対象は収入以外にも借り入れ状況を確認するので、他社から多額の借り入れをすると、審査に落ちる事もあります。(こちもご参考に→カードローン審査に落ちるのはなぜ?

たとえアルバイトの人でも、収入が安定していて、他社からの借り入れがなければ、審査には通りやすくなります。ただ借り入れ額の上限金額は、収入によって決まることもあります。消費者金融では、総量規制と言って、年収の3分の1以上の借り入れをしてはいけないという決まりがあるので、年収120万円の人は他社も含めて40万円以上の借り入れができません。借り入れの上限額は、総量規制によって抑えられているので、その範囲内で審査の結果も含めて、決まってきます。

消費者金融からの借り入れ目的で最も多いのが、生活費です。借り入れをしている人の60%は、サラリーマンなので、決して裕福でなくとも、収入が安定しているサラリーマンの返済に対する信用は公務員に次いで高くなっています。逆に公務員の割合は1.3%と低く、年収300万円以下の人を中心に消費者金融を利用している状況です。
(⇒公務員ならブラックでも借り入れできるの?

最近の消費者金融は、銀行の傘下に入り、銀行の顧客ネットワークを利用して、新規契約の拡大に努めています。銀行と提携することにより、無利息期間や金利を下げるなどのサービスを実現させています。

公務員は消費者金融の審査の時に有利なのか

キャッシングやカードローンの審査の際に、有利とされる職業の一つに公務員があります。キャッシングやカードローンというのは、担保や保証人なしに借入ができるという手軽さでも人気となっています。ですが、担保や保証人が必要ない代わりに、大切になってくるのは、借り入れをする人の返済能力です。

その返済能力の判断材料が、現在の仕事の状況です。一定の安定した収入がある人であれば、アルバイトやパートでも借入が可能となっていますが、条件が厳しいところでは、非正規雇用はマイナス評価になる事も珍しくありません。

実際に申込をして、借入可能となりやすい人の条件として、年収が高く、正規雇用で働いているという事があります。中でも、高い評価を受けやすいのが、公務員です。消費者金融だけでなく銀行でも高い評価となり、借入がしやすい状況となります。

その理由は、公務員という職業は安定感が高い上、離職率がとても低く、更にその地位を気にする人が多いという事にあります。地位を気にする人は、返済等が遅れ、自身の地位に影響が出る事を避けようとする傾向にあります。ですから、返済が滞る確率が低く、良い評価を得やすくなります。

ただ、全ての人がとても良い評価を得られるかといえばそうではありません。借入の申込をする人の中には、既に他社での借入があり、そこで返済が遅れるなどのトラブルを起こしているという人も珍しくありません。そんな場合、どれだけ安定した職業で働いていたとしても、評価は下がり、借入を認めて貰えないという事も珍しくありません。

ですから、公務員だから必ず審査に通ると考えるのは間違いです。他社とのトラブルなどなく、しっかりとした返済能力がある事を証明できる人であれば審査に享可能性はとても高くなります。ですが、他社とのトラブルや、様々な問題がある場合、どれだけ安定した職業であっても、審査落ちの可能性がある事を覚えておく必要があります。

【参考ページはこちら】
消費者金融でお金を借りているのはどんな職業の人?