消費者金融からお金を借りるときの金利について教えて下さい。消費者金融の金利って、物凄く幅広い数字が書かれていますよね?4.8~18.0%とか。この幅は何によって決まるんですか?それと、会社によって上限金利もバラバラですよね?この上限金利も何によって決まっているのか知りたいです。

金利幅は限度額や取引期間、上限金利は法律で決まっています

最初に金利上限の根拠から説明しましょう。消費者金融は「貸金業法」という法律に基づいて営業登録をし、その法律を守らなければいけません。その「貸金業法」の中に、「利息は『利息制限法第1条』を守ること」という内容の決まりがあります。

そして、「利息制限法」の第1条では、上限金利を①元本が10万円未満なら20%、②10万円以上100万円未満なら18%、③100万円以上なら15%、と、3段階に分けて設定しています。これが消費者金融の上限金利設定の元になっています。

では、広告などで金利の幅があるのはなぜなのか。それは貸し付ける金額と上限金利の問題があるのがひとつ。もうひとつは長く利用していたり、大口の利用客には金利を優遇したりする営業的な配慮です。

最初の方、「貸し付ける金額と上限金利の問題」は、融資をする額が10万円の人と100万円の人とでは18%までか15%までかの「利息制限法の決まり」で変わるんですね。そのため、最低でも15%~20%という金利幅は記載されることになります。
(⇒消費者金融の上限金利に関するおすすめ記事

もうひとつの「営業的な配慮」は言うまでもないでしょう。より長く、より多く借りてくれるお客様には金利も優遇しますよ、と営業努力をするわけです。それが金利の低い方の記載になっていると考えればいいでしょう。最初は金利幅の高い方からスタートして、付き合いが長くなると徐々に下がっていくかもしれないということですね。

【参考ページはこちら】
消費者金融利率の平均はどのくらい?

はじめてのカードローンで注目するのが消費者金融の上限金利

いざというとき頼りになるのがカードローンです。カードさえあれば、提携ATMやキャッシュディスペンサーなどから、必要な分を借り入れることができます。カードを作るだけなら、基本的に無料なので、万が一に備えてとりあえず作っておくという人もいるほどです。無計画に借り過ぎはNGですが、計画的に利用すれば、生活を楽にする便利なツールでもあるのです。

消費者金融や銀行などでキャッシングをする際、気になるのがその金利ですよね。同じ金額のお金を借りるなら、払う利息はできれば少ない方がいいですから。カードローン初心者はローン会社を選ぶ際、下限金利に注目するようですが、実はこれは間違いなのです。
(⇒人気の消費者金融を選びたい方におすすめ記事

カードローンには下限金利と上限金利があります。この下限金利というのは、最初の借り入れではまず適用されません。一番初めの借り入れ時には上限金利に近い年利が課されると思った方がいいでしょう。というのにはわけがあります。(こちらもご参考に→消費者金融の金利に関するおすすめ記事

消費者金融などの賃金業者はお金を貸して、利息と揃えて返してもらうことで、はじめて利益を得て営業ができるのです。そのためには、お金を返してくれる返済能力の高い人に融資をする必要があります。返済能力というのは、今の仕事や継続年数、住まいの形態、そしてこれまでの返済の実績など様々な尺度で測られるのですが、一番はじめの借り入れの際は、一番重要な返済実績がありません。

つまり、いくら社会的地位が高く、安定継続した収入があるといっても、借りて返すという実績がないと、金利は高くする他ないのです。

はじめてカードローンを利用する際は、消費者金融の上限金利が低いところにするのがいいのです。それによってはじめての借り入れでも、最小限の利息で済ませることができるのです。金利を下げたいというなら、借りては返すという実績を繰り返し、増額が認められると、必然的に下がっていくでしょう。消費者金融などでの信頼を得るには、何より借りては返すという返済能力があることを示す実績が必要となるのです。