レイクって消費者金融会社がありますよね?昔TVでCMもやってたのでかなり有名な消費者金融だったと思うんですけど、今は違うんですよね?新生銀行のカードローンがロゴもそっくりな「レイク」になっているし、今はこっちのCMしか見かけなくなったんで、消費者金融会社のレイクはなくなったのかな?とは思ってるんですけど。

消費者金融のレイクは、新生フィナンシャル株式会社になりました

もう数年前の話になりますが、消費者金融会社だったレイクは「新生フィナンシャル株式会社」に名称変更を行なっています。会社名から察せられるでしょうが、新生銀行のグループ会社になったんですね。カードローンの名前も「新生フィナンシャルカードローン」に変わり、「レイク」ではなくなりました。(こちらもご参考に→レイクで借り入れしたい方におすすめ記事

今使われている「レイク」という言葉は、新生銀行のカードローンブランドです。全国各地で色々な銀行や消費者金融がカードローンに個性的な名前をつけていますが、新生銀行はグループ会社になったレイクの知名度の高さをそのままカードローンブランドに利用することを選択した、ということです。

他にも銀行のグループに入ったり子会社になった消費者金融会社はありますが、その社名が銀行のカードローンブランド名になったのはレイクだけです。そのため、今でもレイクは消費者金融会社じゃなかったっけ?と思われる方も少なくはないでしょう。

名前が変わり、銀行との関係など変化はあったものの、旧レイクは今も消費者金融会社として新生銀行の保証業務や、元々の利用者との取引きを続ける「新生フィナンシャル株式会社」として存在している、というのが今の状況です。

【参考ページはこちら】
消費者金融とレイク、増額診査が厳しいのはどっち?

新生銀行が宣伝しているレイクって消費者金融?

新生銀行が宣伝しているカードローンのレイクですが、金利が消費者金融並みだから、思わずレイクって消費者金融?と思ってしまいます。しかしレイクは銀行カードローンでして消費者金融ではありません。金利は他の銀行カードローンと比較するとほんと高いけど、それでも銀行カードローンです。
(⇒銀行カードローンに消費者金融が提携してる?

昔はレイクという大手消費者金融が有りまして、それが業績悪化で巡り巡って最終的に新生銀行に買収されました。それで買収されたレイクは新生フィナンシャルに名前を変えて、保証会社として存続しています。それで新生フィナンシャルこと旧レイクはもう融資をしないで保証をするようになりました。

カードローンとして融資をする資金が無いので、カードローン事業が出来なくなったのが原因です。しかし旧レイクの代わりに新生銀行が代わりに融資をすることで、保証会社だけどカードローン事業に参入出来るようになりました。それで形上は新生銀行が融資をしていますが、実は旧レイクが融資をしているようなものです。

旧レイクの代わりに新生銀行が融資をするより、他の大手消費者金融と銀行親会社みたいに消費者金融に融資をしてカードローンの融資資金を提供するべきなんですけど、新生銀行が貸すことによって、総量規制を回避できるメリットが有ります。総量規制は貸金業者だけですから、旧レイクもその対象です。

だから結果的に総量規制を回避できる大手消費者金融になっています。そういうメリットが有るならば、何故他の銀行も真似をしないかというと、他の銀行は他の銀行で独自にカードローンを持っているから、普通の銀行カードローンが有るから、わざわざ金利の高い方は作る必要は無いということです。

新生銀行も旧レイクの為に貸さないで、普通にカードローンを始めればいいけど、金利の高い方を選んだということです。金利が高くても借りる人が居れば商売になるということで、新生銀行は自身の銀行カードローンをレイクとして融資をしています。(こちらもご参考に→レイクに似た消費者金融はある?