消費者金融で法人向けローンの借り入れをしたいのですが、限度額が知りたいです。

消費者金融によって差はありますが最大1億円です

個人が消費者金融から借り入れをする時の限度額は、最大500万円が相場ですが、法人向けローンを利用すると数千~1億円の借り入れが可能になります。

これは総量規制(年収の3分の1以上の借り入れができないという法令)の対象外ということもありますが、個人は借り入れの返済が遅れても会社を首になることはありませんが、事業運営においては返済が遅れて、次の借り入れができなくなると、経営がストップしてしまうため、借り入れの返済には非常にシビアです。その意識の違いから個人に比べると、信用度が高くなります。

ただ土地や建物などの担保や連帯保証人が必要になってきます。また個人向けと違い必要書類も多く、代表者の身分証明書、発行後3ヶ月以内の登記事項証明書、印鑑証明書、決算書、事業計画書が必要になる場合があります。大手の消費者金融であればネットで申し込みができ、即日融資も可能です。

審査は経営と借り入れ状況がポイントになってきます。経営状態が良くても、他社から多くの借り入れがあったり、返済が延滞していると、審査は厳しくなります。

法人名や代表社名など法人を特定する情報や、保証人に関わる情報、また借り入れ額などの契約内容に関する情報、借り入れ状況に関する情報は、信用情報機関に登録されるので、借り入れ状況などを偽って申告すると、すぐにバレてしまいますし、訴訟の対象にもなりますので、注意が必要です。

【参考ページはこちら】
消費者金融のメリット・デメリットを教えて!

消費者金融の法人向けのキャッシングについて

法人が貸金業者から融資を受ける場合、銀行から借り入れるのが最も一般的ですが、消費者金融から法人向け融資も多くのところで行われています。銀行と比べた場合のメリット・デメリットについては個人向けのものとほとんどかわりはなく、多くの場合消費者金融では審査に通りやすく、融資までの期間が早いというメリットがあり、金利がやや高めになるというデメリットも存在します。

もちろん貸金業者から法人が融資を受ける際には大口の金額になるうえに返すまでの期間が長くなることが多いので銀行から融資を受けることが多いものの、場合によっては銀行の審査には通貨できない、もしくは今すぐにでも融資を受けたい、すぐに返済することができるから金利の高さは気にならないという場合には消費者金融のほうがお勧めです。しかも大抵の業者では事業用に専門のカードローンを用意しているところが多く個人向けのものと比べて金利が安いというメリットも存在します。

安いとはいっても銀行よりはやはり少々高くなる上に借り入れすることが可能な上限金額に関しても大抵の場合300万円~500万円程度が上限に設定されているため、より大口の融資を受けたい場合には銀行のカードローンを利用するのがお勧めです。

しかし銀行の場合審査の通知がくるまでに時間がかかるため、緊急の用事の場合は長い間待たされてから審査に落ちてしまい大損をしてしまうといったことも事業にはあります。このような場合には消費者金融での法人向け借り入れが役に立ちます。

法人向けですが一般的にはビジネスローンなどの名称で呼ばれます。大手の業者であればインターネット上から24時間常に申し込みを受け付けているところも多く存在し、すぐにしまってしまう銀行と比べて融通は非常に利きます。
(⇒個人事業主・自営業者の方にもおすすめの消費者金融

ただし金利の高さから現在の収入をかんがみないようなあまりにも大きな金額を借り入れてしまうと返済するのに大変苦労してしまうことがあります。計画的な返済プランをしっかりとたてるのはたとえ法人向けのプランであろうと非常に大切なことです。