消費者金融のことには全く知識のない自営業者なんですが、消費者金融の中には自営業者専用のローンもあるとかで、どんな特徴があるのか興味があります。私の経営はおかげさまで順調なんですが、もし事業用で融資が必要になったときの予備知識として頭に入れておきたいと思います。

ビジネスローンと呼ばれ、経営状態も審査に入ることがあります

いわゆる「ビジネスローン」と呼ばれるものですね。事業者専用の消費者金融会社もあれば、大手消費者金融が商品のひとつとして取り扱っているものもあります。個人向け融資と違うのは、なんと言っても「事業性の用途に利用できること」でしょう。

基本的に個人向けのカードローンやフリーローンは事業用の目的利用は規約違反になります。ですが、ビジネスローンはビジネスが土台ですから、事業用にも使えますし、個人的な目的でも利用できるのが魅力ですね。
(⇒事業者向けの消費者金融情報はこちら

では、その他の特徴はどうかというと、個人向け融資のときに「安定した収入」が求められるのと同様、事業者向け融資では「継続して安定した経営をしていること」が求められます。個人事業であれば直近1~2年分の確定申告書(青または白)や損益計算書などの経営状態や収益のわかる帳簿が必要だったり、簡単な事業計画書の提出を求められたりすることもあります。事業への融資ですから、その事業に計画性があって、安心して貸せるかを審査の対象にするのはもっともなことですよね。

契約名義は経営者個人になるものもあれば、会社名義になることもあります。注意したいのは、会社名義で契約をする際、経営者である個人が保証人となるケースです。場合によっては不動産を担保にといった条件をつけてくることもありますので、契約条件は良く確認する必要があります。

また、個人向け融資でよく言われる「総量規制」の対象外になるため、大口融資を受けることも不可能ではありませんが、その分のリスクも考えて行動しなければいけなくなることは、経営者の方には言うまでもないかもしれないですね。

【参考ページはこちら】
事業者向け消費者金融の「インター」について教えて!

自営業者専用消費者金融カードローンは事業資金に利用できる?

正社員や公務員であれば、毎月給料が支払われることになりますから、安定した収入が望める職業として、カードローン会社の受けがよいといえます。よほどのことがない限り、申し込みから契約まで、スムーズに行うことができるでしょう。

パートやアルバイト勤めの人は収入こそ少ないですが、毎月きちんと勤めていれば、月々の収入が得られます。正社員や公務員程ではないにせよ、最近はこれら職業の人でも申し込みができる、カードローンが続々と登場しています。(こちらもご参考に→様々な職業の方におすすめ消費者金融

では、自営業者はどうでしょうか。自営業者は毎月決まった収入が得られるかといえば、難しいものがあります。ある月の収入が大きくても、次の月には殆ど収入がないということが珍しくないからです。

しっかり先を見越して計画的に運営を行っているのであれば、そのような収入の得方でも何ら問題はないでしょうが、カードローン会社からみれば、正社員や公務員、アルバイトやパートの人よりも、毎月の収入という面で自営業者への信用は落ちることが多いです。

そのため、多くのカードローン会社では自営業者は申し込めなかったり、たとえ正社員といった安定収入の人であっても事業資金として使わないことを条件に、融資を行っているパターンが目立ちます。

とはいえ、自営業者だからこそ融資を受けたかったり、普通の人と同じようにカードローンで生活に潤いを持たせたいと願う筈です。そんな自営業者のために、数は少ないですが、自営業者専用消費者金融のカードローンというものも用意されていますので、活用してみることをお勧めします。

大手消費者金融のプロミスでは、自営者カードローンという商品を提供しています。この自営者カードローンの魅力は生活費に限らず、事業資金にも利用できるところです。自営業者には大変助かるカードローンといえるでしょう。

プロミスの一般向けフリーキャッシングと同じように、パソコンやスマートフォンなどを使って手軽に申し込むことができる上、全国にあるプロミスの自動契約機から、もしくはフリーダイヤルからも行うことができるとあり、便利です。