勤めていた中小企業の社長と折り合いが悪く、先日退職して失業中なのですが、もし失業中にお金を借りる必要に迫られたときに消費者金融は融資をしてくれるものでしょうか。もし不可能であれば、その理由も教えていただけないでしょうか。

消費者金融の融資条件から考えて、失業中の融資は難しいでしょう

大きい会社には大きな組織の人間関係、中小になると限られた中での人間関係になるので、それぞれに苦労することがありますよね。しかも相手が経営者となると、余計に厄介な話ですものですよね。心中お察しいたします。

さて、失業中に融資をしてくれる消費者金融はあるかとのことですが、経営規模の大小を問わず、失業中(つまり無職)では融資を受けられないと考えるべきです。その理由は消費者金融が顧客を審査するときの重要な要件が欠けているからです。

消費者金融は正式には「貸金業者」と言います。サラ金も消費者金融も世間一般が使っている俗称で、法律上の呼び名は「貸金業法に基づく登録業者」という意味で「貸金業者」と言うんです。そして、その営業はこの「貸金業法」によって行なうこととなっています。

融資を行なうときには必ず審査を行うことが法律で決められていて、その中でも申込人の収入が重要な審査対象となっています。その重要さは「総量規制」という言葉で知られるところの、「年収の1/3までしか貸してはいけない」法律上の制限であり、失業中であれば基本となる「収入(年収)」を証明できないことから融資は受けられなくなります。

仮に失業手当が支給されるとしても、それは数ヶ月限定のものであり、「安定した収入」には含まれませんから、失業手当をあてにした融資を期待することもやめた方がいいですよ。「収入(年収)」とは、あくまでも「安定して継続的な収入」であることは理解しておきましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融を利用するための年収に関するおすすめ記事

失業中に消費者金融を利用することはできるでしょうか

失業中でお金が無い場合、消費者金融からお金を借り入れることはできるでしょうか。残念ながら、それはかなり難しいと考えた方がいいでしょう。消費者金融からお金を借りる場合は、返済能力が不可欠とされますので、定収入があることが第一条件とされます。ですから、失業給付をもらっていても、失業中であればまず借入は不可能です。

一番の方法は、パートやアルバイトでもいいですから、仕事を見つけて収入を得ることです。消費者金融はパート、アルバイトでも審査にはまず通りますから、何らかの形で仕事をまず見つけるのがいいでしょう。(こちらもご参考に→広島の消費者金融はアルバイトでも安心?

また、失業中であっても、単発のアルバイトをしているとか、週に何度か収入のある作業などをしている場合は、借入ができることがありますので、自分が利用したい金融機関に連絡して、相談するのがいいでしょう。また就職の予定があり、先方から内定を既にもらっている場合は、借入ができることもあります。この場合は、勤務先は入社予定の会社になります。

失業状態が長引きそうだが、どうしても一時的にお金がほしい場合は、収入のある家族の名義で借入をするといいでしょう。もちろんこの場合は、本人確認や収入証明は、その家族の物が必要になります。また、消費者金融の場合は、家族名義で借入を行う場合は、その家族の同意が必要なことがありますので、事前によく調べてから、書類を準備するようにしてください。

場合によっては、金融機関でなくても借入ができることもあります。それはクレジットカードの利用です。数万程度でしたら、どのカードでも借入ができますが、もちろん返済しなければなりませんので、最小限の金額にとどめておくのがいいでしょう。それから、失業中でもOKを看板にする業者もありますが、闇金の可能性が高いので、絶対に利用するのはやめてください。お金がないとついそういう言葉に引かれがちですが、デメリットの方が大きいので、絶対に闇金には手を出さないようにしましょう。
(⇒消費者金融のメリット・デメリット