高校を卒業して就職したんですけど、まだ19歳で消費者金融を利用することができないんです。ちゃんと働いて1年以上経っているし、給料も月給制で安定している会社に勤めているのに、なぜ10代だというだけで消費者金融は申し込みすらできないんですか?

未成年は「行為能力制限者」という立場にあるからです

気持ちはよくわかりますよ。20歳以上のアルバイト大学生よりも、余程しっかり稼いでいるのに…と思われるのは、高卒就職の先輩である私もよく思ったことですから。しかし、消費者金融の多く(ほとんど)が10代の方に融資をしてくれないのは、ちゃんとした理由があるからなんです。
(⇒消費者金融の年齢制限についてもっと詳しく

厳密に言うと、「10代の人にお金を貸してはいけない」という決まりはありません。極端に言えば、幼稚園児や小中学生にでも貸したければ貸してもいいんです。何歳だから貸してはいけないという制限はないんです(ただし、安定した収入という条件の段階で対象外になりますが)。

じゃあ、18歳で就職をし、1年働いて収入も証明できれば利用させてくれてもいいじゃないかとなるんですが、実は未成年者は法律で守られている反面、自由にならない側面も持っているんです。

「民法」という法律の名前を聞いたことはありますか?日本にある多くの法律の中でも基本とされる法律で、この中に10代(未成年者)についての決め事があるんです。

それは、未成年者の法律行為(契約など)は、一部を除き取り消しをすることができるというもので、仮に質問者様が消費者金融と契約をしてお金を借りても、ご両親が「とんでもない!そんな契約は取り消しだ!!」と言えばその契約は無かったことにできてしまうんです。それだけ10代の人の契約行為が不安定だということなんですね。

この取り消しによって、消費者金融側は契約して払ってもらった利息などは返還しなければいけなくなることもありますし、貸したお金も全額返ってくることがない可能性もあるんです。これも民法という法律の中で細々と決められて、下手をすると裁判沙汰になることでもあるので、そこまでの危険(リスク)を背負ってまで10代の人にお金を貸す必要はないわけです。貸す側にとっては確実に契約が成立する20歳になってから利用してくださいね、と言うところでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の年齢制限は法律で決まってる?

10代での消費者金融のサービスを利用できる

10代の子たちは使えるお金に制限があるため、ほしいものを中々購入することができません。アルバイトやお年玉などでコツコツお金を貯めないと買い物をすることができません。もっと手っ取り早くお金を稼ぎたいと思う10代の子たちは結構います。

そこでお勧めなのが消費者金融のサービスです。通常、消費者金融のサービスは20歳以上でないと利用できません。しかし最近は10代の子でもキャッシングができるサービスが登場しました。

そのサービスが学生向けのキャッシングサービスです。通常のキャッシングサービスよりも限度額が低めに設定されていますが、十分に使うことができます。キャッシングサービスを利用するためには、契約をする必要があります。20歳未満の場合、親の承諾がないと基本的に契約をすることができません。提出書類には親の同意書が必要になるので必ず用意しましょう。

申込み後は審査に入ります。キャッシングサービスを利用するからには、しっかりと返済をしないといけません。返済能力がないと判断されれば、契約することすらできません。その判断はどこでするのかと言えば、それは親の収入です。普通に親が働いている環境であれば、問題なく審査に通過することは可能でしょう。

しかし何かの理由で働いていなかったりすると、返済能力がないと判断されて契約できないことがあるので注意が必要です。

無事に審査に通過することができれば、10代でもキャッシングサービスを利用することができます。お金の引き出しは専用のATMだけでなく、コンビニのATMからでも行うことができます。

10代の子は使いすぎる傾向が強いため、使う前に一度シミュレーションを行っておくと良いでしょう。どれだけの借り入れをしたら、どれだけの返済が必要になるのかを把握しておくだけで、使いすぎを防止することができます。消費者金融のホームページにはシミュレーターがあるので、それを利用してみる良いでしょう。