20代で初のカードローン申し込みを銀行にしようかと思ってたんですけど、保証会社っていうんですか?そこに消費者金融が関わっているってマジですか?別に消費者金融を使ったこともないのでいいっちゃぁいいんですけど、銀行と消費者金融って提携したりしてるのかとちょっとビックリしてます。銀行のカードローンと消費者金融の関係をわかりやすく話してくれませんか?

保証会社は銀行のグループや業務提携した消費者金融が多いです

そんなに消費者金融に拒否反応を示さなくても大丈夫ですよ(笑)。銀行のカードローンには、必ず保証会社を設定しているという特徴があります。これは利用者側が担保や保証人を探さなくても融資をしてくれる点で非常に大きな意味を持っています。家族や親戚、友人知人に「保証人になって」と頼む必要が無いだけでもかなりのストレスから解放されているんですよ。

その保証会社になっているのは、主に(1)銀行の保証業務専門の子会社、(2)子会社やグループ会社になっている消費者金融や信販会社、(3)業務提携をしている消費者金融や信販会社で、保証料を金利に上乗せした形で受取る代わりに、保証人の役割を請け負ってくれるというものです。つまり、利用者全員がきちんと返済できて支払い不能にならなければ、保証会社は保証料収入だけで利益を出すことができるわけです。

ただ、残念なことに、世の中そうはいかないもので、行方をくらましてしまったり返済不能に陥ったりする方も少なくないんですよね。それらの残債を保証会社は銀行に支払う義務があるため、保証料収入だけでウハウハという訳にはいかないんです。銀行にしてみれば最小限度の損害で済むからこそ、個人向け融資に積極的になれるんですが。

【参考ページはこちら】
その他の金融業者を利用したい方におすすめ記事

提携先ATMが豊富なおすすめ消費者金融はプロミスです

現在の消費者金融業者は大手銀行と提携を行っているものが多くなっています。大手銀行と提携を行っていたり、子会社となっていることによって親会社のメガバンクの豊富な財務状況によって積極的に融資を行うことができます。

プロミスは三井住友銀行の子会社として事業が行われている消費者金融ですので、利用可能なATMが全国に設置されていて利便性の高さによって人気があります。大手銀行と提携していたり、子会社化していることによって信頼性が高くなって、安心して借入れの申し込みができます。(こちらもご参考に→安心して利用できる消費者金融をご紹介!

プロミスは年齢が20歳以上から69歳までの継続的に収入を得ている人が、融資を受けることができるキャッシングになっています。プロミスのキャッシングは、ホームページ上の会員サービス画面からログインをして申し込みを行って、指定の口座に振り込みの依頼をすることで融資を受けることができます。

ホームページ上から借入れの申し込みをするときには手数料は発生しませんので、お得に利用することが可能です。

振り込み先がジャパンネット銀行や、三井住友銀行の銀行口座であれば、24時間いつでも即日振り込みが可能になります。その他の銀行の口座に振り込む場合であっても、月曜日から金曜日までの午前9時~午後2時50分の間までに振り込みの手続きを完了させることで、即日融資が可能になります。

ATMを使って借入れを行うときには、プロミスのATMと提携先のATMを利用できます。プロミスのATMは24時間営業ではない点に注意して利用するようにしましょう。プロミスのATMを使って融資を受けるときには手数料は発生しませんが、提携先のATMを利用するときには手数料が発生する点も注意が必要であると言えるでしょう。

プロミスのキャッシングの返済はホームページ上の会員サービスにログインすることで、手数料なしでインターネット返済が行えます。インターネットを使って支払いをするためには、インターネットバンキングに対応できる銀行口座を開設しておく必要があります。