消費者金融を利用していて、増額の申し込みを断られるのはどんな理由が考えられますか?明確に増額できない理由があれば、自分の場合と照らし合わせてどうするか決めやすいと思うので、主だった理由を教えて下さい。

元から増額しない、借り過ぎ、信用情報に問題があるなど様々です

ごく当たり前の答えからになりますが、最初から増額をしない消費者金融というのも中にはあります。少額融資を基本にして、返済に応じて再度利用することはできたとしても、元本額を一定以上にしない方針の会社などは、増額の見込みが薄くなるでしょう。

また、既に収入に対して貸せるギリギリの所まで来ている方への増額は、法的に不可能です。どこかから借りていらっしゃるようなので「総量規制」という言葉はご存知だと思いますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠からの借入れ限度額の合計が年収の3分の1を超えることはできません。

質問者様の年収が仮に300万円だったとして、消費者金融などからの借入れ限度額が100万円を超えるような増額はできないんです。当然、超えていなくてもそれに近い状態まで行っている場合は、増額審査も厳しくなると考えるべきでしょう。

信用情報の内容にも気を配らなければいけないですね。他社借入件数が多すぎるとか、延滞情報(返済期日から3ヶ月以上経っても支払いがないときに登録されます)、転居しているのに届出がなかったなどもここでわかることがあります。返済だけでなく、各種届け出もきちんとしていないと、こういう所で困ることにもなる可能性が出てきますね。

また収入の話に戻りますが、増額の申し込みをするときは収入が減っている状態では避けるべきでしょう。増額前の融資額が決まったときの収入よりも少なくなっているということは、増額ではなく減額になる危険性も出てきますから、この点には要注意です。

他にも細かな理由はいくつもありますが、できることなら1年は正常な取引きを行なって、消費者金融の方から増額の打診を受けられるのがベストです。もしそういうお誘いをしていない消費者金融であっても、1年以上の取引き実績は信用という強味になります。焦らずに信用を築くことも重要ですね。

【参考ページはこちら】
消費者金融で増額するための条件って?

よくある相談:消費者金融で増額できない理由とは

消費者金融でカードローンを利用した経験のある人は、意外と多いようです。カードローンの経験者はご存知かと思いますが、融資を受けるには審査に通らないといけません。仮審査を経て本審査という方法が主流で、コンピューターによる自動振り分けの後に、人の手による審査が行われます。仮に通ったら本審査に通るとは限らないのは、人の手による、より一層厳しい審査が入るためです。

カードローンの本審査に通り、融資を受けられたとします。はじめての利用では、借り入れの限度額はそれほど高くありません。そこで、より高額な融資を受けるためには、増額の申請をすることとなります。しかし、増額申請をしてもそれが必ずしも通るとは限りません。消費者金融で増額できない理由は何でしょうか。
(⇒消費者金融の利用限度額を増額する方法

まず第一に、借り入れ期間が短すぎることです。消費者金融はただでお金を貸しているわけではありません。期日までには元金に利息を添えて返してもらう必要があるのです。そのため融資をするのは、返済能力の高い信頼できる人に限られます。

はじめてカードローンを利用する人は、いくら自分は返済能力があると主張しても、借り入れては返すという実績がありません。それでは返済能力があるとは言えないのです。増額をするには、少なくとも半年は借りては返すという実績を作る必要があると言われています。

また、増額を申し込んだ企業とは別に、他の複数の企業から融資を受けている場合も、増額の審査に通らない場合があります。やはりこれも返済能力が問題です。複数の企業から借り入れをすると、物理的に返済が難しくなりますし、それだけ焦っていると判断されるためです。

それに、今借りている元金の返済が終了していないのに、増額を申し込んでも審査に通るはずがありません。返済能力がないとみなされるためです。

消費者金融で増額の審査に通るためには、元金を返済、借りては返すという実績を少なくとも半年は作る、そして他の企業からむげに借り入れをしないことは基本です。