昔って、お金を借りるときには保証人をつけるなんて話がありましたよね?今でも借入れをするために保証人を必要としている消費者金融ってあるんですか?有名どころは全部保証人も担保もいらないのが売り文句になっていますよね?全部の消費者金融で保証人はつけないことにでもなっているんでしょうか?

今でも法律上は保証人をつける契約をしてもOKなんですよ

消費者金融のキャッシングローンも、今では保証人不要が当たり前になりました。昔は頻繁にあったように思われるかもしれませんが、保証人不要のキャッシングはもう20年以上も前から行なわれていて、保証人を必要とする契約といえば、住宅ローンとかマイカーローンなどの大口融資のときくらいのものです。

だからといって、消費者金融との契約で保証人をつけてはいけないわけではないんです。法律上は保証人をつけることは全く問題のないことですから、全国の中で保証人をつければ融資をするという消費者金融会社も探せばあるかもしれません。ただし、保証人になる人とは別途「保証契約」を結ぶことになるので、その分の手間はかかりますが。

保証人不要と並んで気にかけておきたいのが、「生命保険の加入」です。以前は利用者に同意を得ることなく、文書に紛れて生命保険の加入を行っていたことがあり、利用者が返済不能で自殺をしたときに、その保険で元本を確保していたなんてことがありました。

それが社会問題化されてからは「自殺は保険料の支払い対象外」となり、生命保険に加入する契約をするときは書面の取り交わしをして、利用者が加入することを理解、了承したときに成立するようになりました。そのためか、この生命保険加入も多くの消費者金融では行なわなくなりましたが。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&A

消費者金融で保証人つける場合を知っておきましょう

消費者金融は、パートやアルバイトの場合でも審査基準を満たしていると融資を受けることができます。親元から、離れて生活をしている学生の方や、社会人になったばかりの方は、まだ収入が少ないので消費者金融のカードを持っていると安心して生活をすることができます。

消費者金融は50万円以下の融資を受けている方が多く、基本的には保証人や担保が必要なく、身分証明書を持参すると本人の信用だけでお金を借りることができます。

50万円以下の融資の場合は、給与明細書などの収入証明書の提出も必要ないことが多いです。日常生活を送っていると、急にまとまったお金が必要になることがありますが、消費者金融では100万円を超える高額の融資の場合は、審査基準が厳しくなっています。まとまったお金を貸す場合は、債務者に安定して継続した収入があることが条件になっています。
(⇒消費者金融と年収の関係についてもっと詳しく!

一定の金額を超える融資の場合は、貸し金業者から保証人つける必要があると説明を受ける場合があります。高額の融資の場合は、長期的な借り入れになるため、支払い遅延や支払い不能などを防ぐために保証人つけることで、貸し金業者はリスクを低くすることができます。

貸し金業者では、ほとんどの場合が連帯保証人になっているため、両親や親族などが保証人になることがほとんどです。債務を返済している途中で、債務者が死亡してしまったり、蒸発をしてしまった時は連帯保証人が、債務を支払う義務が発生します。

お金を借りたいと考えている方は、保証人に迷惑を掛けることがないように、計画的に利用をすることが大切です。パートやアルバイトで安定した収入のある学生の場合は、基本的には保証人が必要ありませんが、親に保証人になってもらうことで審査に受かりやすくなっています。(こちらもご参考に→保証金が必要な消費者金融の話は危ない?

学生の場合は、利用限度額が低めになっているので、返済に困るということは少ないですが、自分の収入に合わせて利用をすることが大事です。債権者に支払い遅延などで、迷惑を掛けてしまうとしばらくの間は利用ができなくなるので注意をするようにして下さい。