消費者金融に申し込みをしようと思うんですけど、審査って最初に何をしているのか気になっています。在籍確認とか在宅確認とかの電話が最初で、その後審査に落とされたりするのも嫌な思いをするだけだし、どんなことを最初に審査するのかだけでも解れば安心して申し込みもできそうな気がするんですよね…。

通常は書類審査が最初、通過者は電話審査の手順が一般的です

ネットや電話など、来店不要型の申し込みなら、最初に行なわれるのは申し込みフォームや質疑応答で得られた書類上の審査です。各項目を総合的に判断して、問題なしとなれば信用情報の照会や在籍確認の電話審査も行われますが、書類審査で対象外となった方の分までそれをする必要は時間的にもコスト的にも必要がない事でしょう。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準ってどうなってる?

昔ながらの来店型では、直接本人の立ち居振る舞いや身なりなどから、申込者そのものを審査する所もあります。書類以前に貸してもいい人物かどうかを直に接することで判定できるわけですね。たとえ書類上のハードルはクリアしていたとしても、挙動不審だったり態度が不遜(お客様が金借りに来てやったぞというような態度)だったりするときは、その場で審査落ちすることもあります。

全ての消費者金融が同じ審査基準や審査手順で業務をしているわけではないので例外もありますが、基本的には書類を見て、信用情報も確認して、それから電話代をかけて身元の確認をして、という順番だと思っておけばいいですよ。

【参考ページはこちら】
消費者金融が職場に連絡することってあるの?

消費者金融が最初にする審査とは何なのか?

消費者金融を利用される方が、ここ数年でとても増えています。やはり、不景気であったり不況であるということは、とても影響しているようです。必要な時に必要なお金がないということになりますと、あきらめてしまうのか、なんとか用立てるかという2種択一になります。その選択次第で、その後の生活に影響を与えることもありますし、判断は重要です。

消費者金融でお金を借りる際には、審査というものが必ず必要になります。ちなみに消費者金融が最初にする審査というのは、生年月日を入力して、ブラックリストに入っていないかどうかを調べるというものです。ブラックというのは、過去に返済を滞ってしまったことがある場合であったり、自己破産をしてしまったことがあるといった場合にリストインしてしまうものです。

これらの情報に関しては、金融機関内で流通した共通の情報になっていますので、隠したりすることはできません。

消費者金融は、銀行よりも金利が高めに設定されていますが、審査が早い、またゆるめであるというメリットもあります。確かにリスクはありますが、どうしても必要な時にお金がないということになりますと、背に腹は代えられないということになりますので、利用される方も多いのです。

ちなみに、消費者金融では、ブラックに入っている方でも審査を通してくれるというところも出ています。また、学生であったり、専業主婦であっても借りられるところもあります。その際は、きちんと利用方法などを確認したりするとともに、金利にも注目してみてください。金利は高めに設定されていることが多いために、この点に関してはとても注意してみてみてください。
(⇒消費者金融の金利に関するおすすめ記事

最終的には利用は個人の判断ということになりますが、返済計画だけはきちんと立てて、期日までに返済できるようなプランで借りるということが最も大事な事になってきます。色々な消費者金融がありますので、口コミなども参考にしてみましょう。