消費者金融の仮審査通過から本審査で否決に変わることってありますか?ネット申し込みで仮審査を通過していれば、書類審査も会社への電話も終わっているはずですよね?だとしたら、仮審査と本審査で結果が変わることってないような気はしているんですけど、どうなんでしょう?

書類不備や申込みと証明書類との内容違いで変わることもあります

ネット申し込みでどこまで審査をした上で仮審査の結果を通知しているのかにもよりますね。消費者金融会社の審査は全社一律ではないので、在籍確認や信用情報の確認などを本審査で行なっている所もあるでしょうし、仮審査でほぼ全ての審査を終わらせている所もありますし。

主に仮審査を通過したのに本審査で結果が変わるものとしては、仮審査のときの申し込み内容と提出された身分証明や収入証明の内容が食い違っていることが挙げられます。申告内容と実際の内容が違えば、審査結果が変わる可能性も否定はできませんよね?

そのようなことにならないためにも、最初の申し込みからきちんと書類を見て記入なり入力なりをする必要があるわけです。「年収は…これくらいでいいか」なんていうのは、最も危ない申し込みになりますから、充分に気をつけなければいけないですね。

仮審査で信用情報を照会していない場合、本審査で結果が変わることも充分に考えられます。ただし、審査の過程や内容、結果の中身については絶対に教えてもらえないので、自分でその理由を考え、判断するしかないのが現状です。

【参考ページはこちら】
ネット審査で仮契約までいけば借りられる?

消費者金融仮審査から本審査、2つある理由と2つの違い

消費者金融でカードローンの経験がある方は意外と多いようです。ある調査によると、日本人の10人に1人が金融商品の利用経験があるんだとか。自分は今は必要ないと思っても、将来突然お金が必要になるかもしれません。そんな時に備えてとりあえずカードを作っていくという人もいるほどです。

消費者金融でカードローンをするには、審査に通らなければなりません。返済能力がある人物なのかどうかを色々な項目によって診断するのです。その審査に通ってはじめてキャッシングができるのですが、審査と言っても消費者金融仮審査から本審査と2つを通らなければなりません。なぜ2つあるのか、そしてその違いを簡単に説明します。
(⇒消費者金融の審査基準に関するおすすめ記事

まず仮審査というのは、年齢、勤続年数、年収などの属性をコンピューターによって借り入れ可能かどうか、コンピューターで判断する方法です。コンピューターのプログラムにこれらの条件を入力すると、自動的に可能か不可能かを振り分けるシステムです。

一方本審査というのは、人間の手で行われる審査です。個人信用情報機関に紹介し、信用情報や属性などの様々な情報をもとに判断されるのです。つまり自己申告で嘘の勤続年数や年収などを申し出ても、こちらで真実がわかりますし、金融事故を起こした経歴があるとこちらでそれが露呈してしまうのです。そのためコンピューター上では問題ないとしても、人の手で行われる調査ではNGとなるのです。

本審査は各企業によってその重視する項目が異なりますが、勤続年数や年収、そして過去に金融事故を起こしていないかなどが重視されることが多いようです。

消費者金融仮審査から本審査になって、落ちる場合は個人信用情報に何らかの問題があったためとみなされます。何がいけなかったのかは、問い合わせても教えてもらえません。過去に金融事故の経験がある、現在の数社から借り入れがある、勤続年数が短い、年収が低い、収入が不安定などの要因が考えられます。