消費者金融にも審査の甘いところと厳しいところがあると思うんですけど、より借りやすいところを見つけるには何を比較したらいいですか?審査の中身は企業秘密だとしても、ここを見れば審査の甘さがわかる!なんてものがあったら参考に教えて欲しいんです。

非正規雇用や学生でも申し込み可能とかの条件面でしょうか

まず知っておいて欲しいことが一点あります。それは、消費者金融会社やクレジットカードのキャッシング枠から個人が借入れできるのは、年収の1/3までだということです。

例えば年収300万円の人が消費者金融からすでに100万円の融資(または限度額)を受けている場合、審査が甘かろうが厳しかろうが、それ以上の融資はできないことになっています。これは法律で決まっていることなので、審査でどうこうできることではありませんから、この点は最初に理解しておいてください。

では、その範囲内でまだ余裕があるよ、という方はどうしましょう。仰っているとおり、審査の内容や基準については企業秘密で知る術がありません。なので、審査基準ではない他のことから借りやすさを考える必要があります。

例えば申し込み条件です。パート・アルバイト不可よりは可の方が敷居は低いですし、学生不可よりは可の方がやはり敷居は低くなります。(こちらもご参考に→様々な職業の方におすすめの消費者金融情報)また、最低限度額の設定金額が低ければ、それだけ敷居は低くなります。

つまり、「どれだけ審査が厳しいか」ではなく、「それだけ申込みがしやすいか」に重点を置いて考えてみることです。申し込みは受け付けるが、審査は厳しいですよとなると、わざわざ申し込みの基準を広げている意味がありませんよね?

多くの人が申込みしやすいということは、それだけ多くの人が利用しやすいことの表れでもあるわけです。全てがこの通りにいくとは断言できませんが、より借りやすさを求めるとしたら、申込みのしやすさで判断するのが最もわかりやすい方法でしょう。(こちらもご参考に→消費者金融のネット申込みはいつできるの?

【参考ページはこちら】
すぐに借り入れできる消費者金融が利用したい!

消費者金融の審査を受ける前には比較も必要

断る事ができない食事や飲み会に誘われた時、急に冠婚葬祭の予定が入った時、給料日までの生活費が足りなくなった時など、必要なお金をすぐに借入する事が可能なキャッシングやカードローンがあれば、お金がないと慌てたり、悩んだりする事がなくなります。

そんなキャッシングやカードローンを利用したいと考えた場合、銀行や消費者金融の審査を受ける事になります。銀行は総量規制の対象にならず、年収の1/3を超える金額も借入可能となる他、金利などが低めに設定されているというメリットがありますが、年収などの基準がやや高く設定されている事が多いのが特徴です。

それに対して、消費者金融は、総量規制の対象になる為、借り入れは最大で年収の1/3までという制限がつく他、銀行に比べて金利は高くなりますが、年収等に対する基準が低く設定されている事が多いのが特徴となっています。

この際の金利は、銀行よりも高く設定されているといっても、一昔前のグレーゾーン金利のように法定外の利息を請求する事はありません。現在は法で定められた範囲内の金利なので、一昔前とは違い、安心して利用をする事ができるようになっています。

ただ、銀行の全てが審査がとても厳しいかといえば大手メガバンクと、地方銀行では基準が変わり、地方銀行などは比較的低めに設定されているという事は珍しくありません。更に消費者金融も大手はやや厳しく、それ以外はやや甘めになっている事が多くあります。ただ、どの業者も詳しい審査基準は公表していない為、口コミ等で確認していく事が大切になってきます。

審査落ちは信用情報に傷がつく事になるので、なるべく避けたいものです。その為、申込をする際、現在の年収や雇用形態等の条件に合った業者を選ぶ事が大切になります。キャッシングやカードローンを利用する業者を選ぶ際、金利等の条件を気にするのと同時に、審査に通りやすい業者かどうかを確認しておく事も大切になってきます。