最近手持ちの余裕がないので、キャッシングサービスを利用してみようと思っています。いくつかの消費者金融などのキャッシングサービスの案内などを見たのですが、借入時の利率にかなりばらつきがありました。なるべく安いところを利用したいとは思っていますが、審査が厳しいのではないかと不安があります。ですので大体の基準を知りたいのですが、消費者金融の利率って平均はどのくらいなのでしょうか?

消費者金融などのキャッシングの利率の平均は18%です

すでに申し込みの案内などを見られているのであればわかると思いますが、消費者金融などの「実質年率」の上限は~20%までになっているはずです。これは利息制限法という法律で、10万円未満は年率20%まで、10万円以上100万円未満は年率18%まで、100万円以上は年率15%までと決まっているからなのです。ですので通常の借入時の上限は20%までとなります。実際には融資枠が10万円の人もいれば100万円以上の人もいるので平均すると18%くらいになるようです。

申し込みの案内等には○%~△%という表記をしているものが多いと思います。実際に初めて利用する場合の年率は右側に書かれている高いほうの金利が適用されると思ってください。最初はその金融機関に対しての信用が薄いので仕方がありません。利用を続け返済履歴等ができると融資枠が増額され、利率が下がることもあります。

中には金利が一律20%という金融業者もあります。こちらは出資法という法律での上限金利になります。先ほど紹介した利息制限法と違って融資金額によって差はありませんが、法律違反ではありません。中小の消費者金融では審査を緩くするかわりに金利が高くなるという会社もあるようです。大手の消費者金融では利息制限法の上限よりも金利を低くしていることが多く、貸し倒れなどのリスクを回避するためにも審査が厳しくなるようです。

消費者金融の申し込みの条件等が融資可能なのであれば、18%という平均金利までの金利を実施している消費者金融を利用することをおすすめします。最近ではネットなので簡単に融資の可否がわかる仮審査を受けることができるので、利用してみてはいかがでしょうか。

消費者金融の利率の平均を知って利用しましょう

消費者金融は、審査から融資までのスピードが速く、最短で即日融資を受けられるのが最大の魅力になっています。

銀行は、平均の金利が8パーセントから15パーセントと低くなっていますが、審査基準が厳しく、審査に時間が掛かってしまうため急にお金が必要な時は、お金をすぐに用意できない場合があります。

消費者金融は、金利の上限が29パーセント前後になっているため、銀行に比べるとやや金利が高めになっています。

現代は、正社員の方でも雇用が安定しておらずリストラの対象になってしまう場合がありますし、派遣社員やフリーターなども増加傾向にあります。

消費者金融は、雇用が安定していない派遣社員やフリーターの方にも、一定の審査基準を満たすと貸し付けを行っています。支払いの遅延や滞納などのリスクを避けるために、金利をやや高めに設定しています。

大手の消費者金融の利率の平均は、28パーセントから、28.5パーセントになっています。融資を受けたいと希望している方は、なるべく低金利で利用できる貸し金業者を選ぶようにして下さい。

金融機関は、営利を目的としているため、支払いの遅延があった時はペナルティーとして、20パーセントの延滞遅延金が発生してしまうので、計画的な利用をする必要があります。

銀行の返済は、基本的には月一回のことが多いですが、消費者金融は経済的に余裕のある月は何度でも返済をすることが出来るのが便利なところです。

10万円以下の借り入れの場合は、一括で返済をするのが可能になっていますし、短期間で返済をするようにすると、金利の負担を減らすことができます。

急にお金が必要になった時でも、給料日が近い場合は、利用する日数が数日なので、上手に利用すると便利です。

土日にお金が必要になった時は、銀行のATMから預金を引き出すと手数料が高いですが、土曜日にお金を借りて月曜日に返済をすると、金利のほうが手数料より安くなるので上手に活用しましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の法定利率は何%?