最近初めて大手の消費者金融でキャッシングをしました。申し込みも簡単ですぐに利用できたのですごく便利で良かったです。金利も思ったよりも高くないと思ったのですが、大手だったから安かったのでしょうか?消費者金融の金利は法律で決まっていると聞いたことがあるのですが、本当のところそれは何%なのでしょうか?

消費者金融などの法定利率は上限が決まっていて上限は20%です

消費者金融の金利の上限を決めているのは利息制限法という法律と、出資法という法律です。利息制限法は債権者の保護を目的とした法律で10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%に金利上限が決まっています。

出資法は金融業者の貸し出しの際の上限金利などを定めた法律で、こちらの上限は20%となっています。消費者金融はこの2つの法律を守っているため、法定金利の上限は20%ということになるのです。

実際のところ消費者金融ではこの上限に近い金利で融資を行っているところが多いようです。融資を行う業者側も貸し倒れのリスクがあるわけですから、なるべく金利を高めにしておきたいというのが現実でしょう。

大手の消費者金融などは顧客獲得のために初月の金利を0にしたり、一定期間の金利を安くする等のキャンペーンを行っていることがあります。また優良な顧客には利用枠の増額や金利を安くするなど、顧客の確保のサービスが行われています。大手消費者金融は利用しやすい、そんなに金利が高くないと感じるのはこういったところも大きいと思います。

法定金利上限の20%をこえる金融業者は悪徳業者だといっても過言ではありません。今後ももし消費者金融を利用することがあるのであれば、金利上限を守っている消費者金融を利用してください。

消費者金融と法定利率(利息制限法)について

消費者金融は、個人向けの小口貸付を行っている貸金業者のことです。

日本では生業として貸金業を営む場合には、貸金業法に定めるところの登録を行う必要があります。貸金業法では、2つ以上の都道府県の区域内に営業所または事務所を設置するには、内閣総理大臣(財務局)、ひとつの都道府県の区域内の場合には都道府県知事の登録を受けなければならないとされています。

またこれらの登録を行わずに行う貸金業者はいわゆる闇金業者と呼ばれるものであり、違法行為として処罰の対象となります。また登録番号は金融庁に登録されており、インターネットで誰でも調べることができるようになっており、また宣伝広告や店舗内にはその登録番号を掲げるのが一般的です。

なお、登録番号は所管、更新回数、登録番号の3つからなっており、更新は3年に1回行わなければなりません。そのため、更新回数を見れば、その貸金業者の経営年数を知ることができます。

一方で、お金を借りた場合には、その手数料である金利を支払うことになります。多くの貸金業者は法定利率に沿って貸出が行われていますが、一部の悪質業者によっては、その利率を超えての貸出を行っているところもあるため、借りる側もしっかりとその金利を理解しておく必要があります。またいわゆる闇金業者は、その存在そのものが違法なため、法定利率以上の金利を取っているのが常です。

日本の法定利率は、利息制限法で定められており、10万円未満であれば年20%以内、10万円以上、100万円未満で年18%、100万円以上で年15%となっています。ただし、以前はみなし弁済規定と呼ばれるものがあり、これは出資法に定める上限金利である年29.2%までの金利が設定されることもありました。

この年29.2%は法律的には曖昧な部分であって、グレーゾーン金利と呼ばれ通用してきましたが、現在はこの規定は廃止され違法となっています。いずれにしても、これらの法定金利を超えた貸出は行政処分の対象となるため、一般的な消費者金融では違法な貸出は行われていません。

【参考ページはこちら】
消費者金融の法定金利、本当はどれくらい?