以前から消費者金融のキャッシングを利用していたのですが、限度額の増額をしたいと考えています。実は近く転職する予定があるのですが、転職してすぐでは増額の審査に落ちるのではないかと不安です。転職したてでも限度額の増額は可能なのでしょうか?

収入がアップするような転職であれば増額の可能性はあります

一般的に言われる増額可能になる条件の中に転職をしない、というものがあります。これは転職をくり返す人は安定した収入が得られていない、と見なされるからです。消費者金融の増額の審査でみられる条件は、まずご自身の返済能力です。利用状況や返済状況、年収など、この人にいくらまで貸しても大丈夫なのか、という点を金融会社側はみます。

転職されるということですが、その転職でご自身の年収がアップするということが明確にわかれば転職後でも増額の可能性はあると思います。消費者金融もビジネスですので優良な顧客と判断されれば増額にも対応してもらえるのです。

反対に年収が変わらない、下がるというような転職なのであれば、審査に通らない可能性が高くなります。ご自身の転職がどれに当たるかによって、増額の申し込み時期を考えたほうがいいと思います。

ただし収入が増える転職後でも増額の審査では確実に収入がアップしたとわかるような給料明細などが必要となると思います。限度額の増額は新たに審査が行われますので、新しい職場に在籍確認などの電話の必要がでてくる場合もあります。転職後の限度額増額は電話に対応できる環境や、増額する書類等が問題なく出せるよう少し時間を置いたほうがいいかもしれません。

【参考ページはこちら】
消費者金融で増額してもらうための方法を教えて!

消費者金融は転職直後は融資の増額ができないのか

消費者金融や銀行からお金を借りるためにはまず審査を受けなければなりません。審査をすることによって、お金を貸す側が相手を見極めて、返済できる能力があるのかどうかということを判断します。その際には、相手の職業や年収にももちろん注目しています。ですので契約後に相手が転職などをした場合、契約時の労働環境が変わることになります。

そのような場合は基本的には再審査を受ける必要があるでしょう。年収が以前よりも上っているのであれば全く問題ありませんが、下がっているようであれば増額などの追加融資を受ける事は難しくなります。最悪の場合、増額どころか借り入れ自体もできなくなってしまう恐れがあるので転職する際にはこのようなことに充分注意が必要です。

しかしながら、たとえ増額ができなくなってしまったとしても他の消費者金融新たに申し込みをして審査を通るケースは多々あります。転職してお金が借りられなくなってしまったと諦めずに何社かの消費者金融に申し込みをすることをお勧めします。総量規制の問題で消費者金融からは借り入れができない方には、ネット銀行をお勧めします。

ネット銀行は最近個人のお客様への融資に関して大変力を入れ始めており、実際に契約者数は年々増加しています。銀行系であるため総量規制の対象外となる上に、金利も低めでとても使い勝手が良いといえます。
(⇒人気の消費者金融で借り入れしたい方におすすめ記事

中には、いろいろな消費者金融や銀行に応募して審査に落ち続けていた人が、たまたま応募したネット銀行では審査に通ったという事例も実際にあります。ネット銀行のカードローンでは、スマートフォン1つあればいろいろなことに対応することが可能です。

店舗などで行く必要もなく、すべてスマートフォンからインターネットアクセスして銀行のホームページ上で処理を行うことができるのでとても簡単かつ便利に利用することができます。申し込みもホームページから簡単にできるので、ぜひ一度ネット銀行へ申し込んでみてください。