母は生活保護を受けているのですが、消費者金融で借り入れをして着物を買いたいと言い出しました。たぶん借り入れはできないだろうと思うのですが、実際審査には通るのでしょうか。

生活保護法違反になるのでお金の借り入れはできません

生活保護法違反になるので、お金の借り入れは一切できません。消費者金融だけでなく金融機関全てに言えることです。まず消費者金融が顧客に融資を行う条件は、安定した収入があることです。生活保護費は、収入とはみなされないので、審査に通る事はありません。

もし生活保護受給者に融資する業者があるとすれば、それは違法行為を犯していることになりますので、正規の消費者金融では考えられないことです。もし生活保護受給者がお金の借り入れをすると、不正受給となり借り入れ金は全額収入とみなされ、徴収されることになります。親族や知人からも借り入れはできません。

ただ悪質な業者は、平気で生活保護受給者に融資を行いますし、金利を高く設定する事がほとんどです。消費者金融は全て同じ括りにする人がいますが、大手の消費者金融のほとんどが銀行と提携して、融資事業を行っている時代です。違法な融資は絶対と言っていいほど行いません。

貸金業協会のホームページでは悪質業者の一覧を検索できるシステムがあるので、活用してみましょう。また貸金業協会には貸金業に関する様々な相談を受け入れる窓口が設置されていますので、わからない事があったら電話で聞く事ができます。

貸金業協会は、貸金業者を協会員とした強力な自主規制期間として活躍しています。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&A

消費者金融と生活保護を受けている方への融資

消費者金融からお金を借りるには安定した収入があることを大前提としているところがほとんどです。収入がなければ返済計画も立てられませんし、返済できなければ貸す側はもちろんのこと、借りる側にも良いことはありません。

あくまで、金利を払うことでまとまった額を借りることができるというのが消費者金融のメリットであり、返済するあてのまったく無い状態で利用することはおすすめはできません。まともな消費者金融であればそういった状態の方に融資するということはまずありえないと考えておいて良いでしょう。

生活保護を受けている方の中には、お金が足りないから借りたいけどなかなか貸してくれるところが見つからないという経験をされた方もいるのではないでしょうか。そもそも生活保護は収入ではないため、まともな消費者金融と生活保護は両立することは出来ないのです。生活保護でも借りられると言っている業者の中には違法な営業をしているところもあるということを頭に入れておきましょう。

そういった業者は存在自体が違法ですから、取り立ても法律に則った方法を取らない可能性も大いにあるのです。利用したが最後、すべてを持っていかれてしまったということにもなりかねません。甘い言葉につられて利用してしまうことが無いよう十分に気をつけましょう。

生活保護を受けている時はまずは生活を立て直すことを第一に考えましょう。仕事を見つけたり資格を取るなど出来る事を見つけましょう。何かしらの仕事につくことが出来れば融資してくれるところもまた見つかるのではないでしょうか。

中小系の消費者金融の中には対面のみの利用で上限金額は高くはありませんが相談に乗ってくれるところもあります。必ず借りられるということはありませんが、どうしてもという事情がある時はそういった消費者金融を探してみてはいかがでしょうか。違法な業者を選ばないように正しい情報をきちんと調べておくことが大切です。