近々にまとまったお金が必要となり、足りない分を消費者金融から借り入れようと思っています。何件かの消費者金融に問い合わせをしたのですが、希望の金額をすぐに貸してくれそうなところが見つかりました。

ですが、その消費者金融の金利が大手の消費者金融と比べて高いのですが、どの程度までだったら問題ないのでしょうか?借りようとしているところがヤミ金融であっても困るので、なるべくまともなところから借りたいと思っています。

消費者金融での融資の金利が20%以内であれば法律の制限内です

消費者金融の金利は高いと思っていても、実際に何%だと法律制限内かというのは実際に借りてみることになって初めて気になるものです。消費者金融などの貸金業者の金利の上限は利息制限法と出資法という法律できまっており、上限は20%です。ただし利息制限法でいえば借入する金額によって金利の上限が変わってきます。10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%と金額によって決まっています。

出資法でいけば上限は20%なのですが、いわゆるまともな金融会社は利息制限法の法定金利を上限としているところがほとんどですので、借入をするのであればこの金利を守っている業者を利用することをおすすめします。

どうして2つの法律で違うのかというと、利息制限法は債権者の保護を目的にしており、出資法は貸金業者などが貸し出しをする金利を制限した法律です。ですので仮に金利一律20%としている消費者金融があったとしても法律違反にはなりません。利息制限法の金利との差額は民事訴訟を起こせば返還してもらえる可能性が高いです。

しかし実際には裁判を起こすということは大変ですので、利用する側の債権者のための上限を守っている業者のほうが利用するにはいい会社ということになります。

収入などの状態にもよりますが、ある程度まとまった金額を近々にということであれば、融資をしてくれる消費者金融も限られてくるかもしれません。まず金利が20%以内かどうかは必ず確認しましょう。その中でも融資金額によって金利が優遇されているかなどを見て、利用する消費者金融を決めてください。

【参考ページはこちら】
どうして消費者金融の利子は銀行よりも高いの?

消費者金融の法律で定められている金利について

一般的に消費者金融系などが行っているキャッシングの利息は高いといわれていますが、実際にこの利率には上限などがあるのでしょうか。これについては、実はつい最近まで明確な定義がありませんでした。

キャッシングの利率については、出資法に基づく29.2%にするか、利息制限法に基づく15~20%にするかで意見が分かれていました。もちろん、融資を行っている業者側にとってみれば利息を多く回収できる出資法で貸し付けをするに超したことはありません。

そのため、これまでのキャッシングの金利はほとんどが出資法に基づいた29.2%の年利でしたが、2010年に改正貸金業法という法律が施行されたことにより、過去の融資についても利息制限法による利率を上限とする胸が正式に決定しました。(こちらもご参考に→キャッシングの上限金利に関するおすすめ記事

しかし、この法律は確かに利息の上限は定めていますが、債務者が任意にこれを超える金利の利息を支払っていることについては問題になりません。そのため、これまでに高利での支払いをしてきており、実際には過払い金が発生しているという人も、自分の意志で利息引き直しの計算を行い、業者に対して払いすぎた利息を請求しなければ過払い金を返してもらうことはできないのです。

また、過払い金の請求は時効があり、最後の取引日から10年を経過すると、過払い金の返還請求ができる権利があったとしても支払いを受けることができなくなります。手続きの煩雑さを考えても、早い段階で債務に関する相談を弁護士や司法書士といった専門家に相談しておくことをお勧めします。

債務に関する相談ならば無料で受け付けてくれるところもたくさんありますし、定期的に無料相談会などを開催している地域も多いので、これらを利用して説明を受けるのもよいでしょう。正式に依頼すると費用が発生しますが、基本的に過払い金があれば後払いでよいとされていますので、手元にお金がない場合でも過払い金を取り戻すことは十分可能です。