先月会社を退職し現在無職です。近いうちに就職はするつもりなのですが、現在収入がないため消費者金融の利用を考えています。大手の消費者金融などは無職の人には貸してくれないと聞きました。無職の人にでも貸してくれるような、審査が激甘な消費者金融はありますか?

消費者金融では基本的に無職の人は融資の対象になりません

どこの消費者金融の申込書にも書かれているのですが、申し込みの条件として「20歳以上の安定した収入がある方」とあります。無職だとこの安定した収入というものがないため、消費者金融といえど、融資してもらうことはできません。(こちらもご参考に→)消費者金融などのキャッシングサービスは、個人の信用をもとに無担保で融資を行うものです。

この信用というのが、年収や勤続年数、今までの返済履歴などです。また仮に就職したとしても、勤続年数が半年に満たない場合は審査に通らない可能性があります。勤続期間が短いと、安定した収入と見なされていないのです。

無職だと絶対にどこからも融資してもらえないかというと、そういうわけではありません。もしも不動産などの担保になる資産をお持ちの場合は、有担保ローンなどで融資をうけることは可能です。消費者金融などのキャッシングサービスは気軽に利用できますが、無担保のため個人の信用が重要となるため利用できないのです。

消費者金融でも、有担保の融資を行っているところがありますので、一度確認してみてはどうでしょうか。また無職でも無担保で融資してくれる業者もあるようですが、高金利であったりする悪徳業者が多いようです。後々のためにもそういう業者は利用しないようにしましょう。
(⇒人気の消費者金融を利用したい方におすすめ記事

消費者金融を利用できるのも個人の信用です。金融会社も返済の見込みが低い人には融資してくれません。お金に余裕がないというのは嫌なものですが、ご自身の状況などから見直していってください。

無職の方は審査激甘の消費者金融から借り入れよう

急にお金が必要になるという事態というのは、誰にでも訪れる可能性のあるものです。そんな時貯蓄がないとどうしようもない事態に陥る可能性もあります。そこで利用したいのが消費者金融などで利用できる、カードローンなどのキャッシングによる借り入れです。キャッシングでは、現金でお金を貸してくれますし、業者によっては申請をした当日にも貸し付けてくれる即日融資をおこなっている所もありますので、急な入用な時には大変頼りになる存在です。

現在多くの方が利用しており、これからますます利用者は増えていくことが予想されます。

これから利用してみたいと考えている方は、キャッシングについて前もって知っておくのも良いかもしれません。

キャッシングを利用するためには、最初に審査を受けることになります。業者側からとってみれば貸したお金は必ず返して欲しいと思うのは当たり前です。ですので、審査では主に返済能力を問われることが多いです。

返済能力とは、仕事をしていて安定した収入があったり、土地や家などの財産を所有しているといったことがそれにあたり、返済能力ありと判断されると、無事借り入れが出来る様になります。

しかし、逆に職に就いていなかったり、収入がない、借金があるといった場合は、借り入れが難しいかもしれません。

とりわけ無職の方ですと、さまざまな基準を満たせない場合が多く、借り入れするのは大変苦労すると思います。

しかし、こういった審査基準は、業者によって大きく差があるのが現状です。

金利の低い業者は厳しい傾向にありますが、多少金利に目をつぶると、審査基準が緩くなることもあります。

ですので、無職の方で借り入れに苦労している方は、出来るだけ審査の緩い業者を探すことが大事になってきます。

中には身分証明書さえ必要がなく借り入れすることが出来る業者も存在しますので、無職の方は、まずはそういった審査激甘の業者を探すことから始めてみましょう。

【参考ページはこちら】
内職をしている人でも借り入れできる?