昨年長年勤めていた会社を定年退職し、現在は嘱託で働いています。正社員で働いていた頃よりも当然給料が下がってしまったため、お小遣いも少なくなり、財布の中身が寂しいことが多くなりました。いざ現金が必要というときに出せないと格好がつかないので、キャッシングサービスの申し込みをしてみようと思うのですが、心配なのが年齢です。消費者金融でも高齢者には貸してくれないと聞いたことがあるのですが、いくつまでだったら借入可能なのでしょうか?

消費者金融の年齢制限は会社によって異なります

消費者金融の融資の年齢制限ですが、実は法律的な上限はありません。年齢の下限は20歳で、これは法律上未成年に融資できないことになっているため、どこでも同じです。上限は法律での規定がないため各社まちまちのようです。ただし消費者金融での融資の条件が「安定した収入があること」ですので働いていることが条件です。ですので消費者金融の考える就業可能年齢が融資可能な年齢になっているようです。

高齢者でも年金という固定収入があるのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、消費者金融などでは年金は安定した収入とはみなさないようです。また年金を担保にしての融資も禁止されています。また高齢者なると年金などの収入があったとしても、病気などの健康上の理由から返済が滞ることが予想されるため金融業者側は敬遠するようです。

年齢制限は会社によって違いますので、申し込みの条件欄を確認してから申し込みするようにしましょう。また現在は融資可能でも、その消費者金融が設定した上限年齢になると新たな借入ができなくなりますので、上限年齢に近いのであれば計画的な返済プランをたてて利用することをおすすめします。

【参考ページはこちら】
年齢制限がない消費者金融ってある?

消費者金融で借りれる年齢には制限があるのか

カードローンは、申し込みをすれば専用のカードが発行され、好きな時に利用限度額の範囲であれば好きな金額を借りることができるサービスです。ATMなどからお金をおろすような感覚で気軽に利用できることから、多くの人に利用されています。

しかし、気軽に借りられることから借金をしているという自覚がない人が多く、気が付いたらすごい金額を借りており、返せなくなってしまう、というケースも少なくありません。このように、カードローンは正しく使えば非常に便利な反面、計画的に利用しなければ利子が膨らみ、返済不能に陥ってしまうリスクも十分にあるのです。

したがって、お金を一般的な銀行や消費者金融で借りれる年齢には、このリスクをしっかりと判断できる能力が必要となることから、制限が設けられています。ほとんどの場合、20歳に満たない未成年者はカードローンなどの金融商品を基本的に利用することができないとされています。中には親の同意書があれば融資が可能というところもありますが、少数です。

一方、借り入れができる上限に関しても、契約可能な年齢を65歳未満としているところが多いです。また、最終返済日の時点で70歳以下であることも一般的な条件の1つです。年齢制限を満たさない場合、例え年金に加えて、それ以外の収入があったとしても借り入れができないところが多いです。

また、60歳を超えた時点でカードローンの申し込みを行った場合、限度額が通常よりも低い金額に設定されるケースもあります。当面の借り入れがないという場合でも、ローンカードを作成することができるため、限度額の多いうちにカードだけでも作っておくのも1つの方法でしょう。

以上のような条件があるものの、基本的に20歳以上65歳未満であれば、カードローンに特別な制約はありません。正社員だけでなく、アルバイトやパート、派遣社員などでも、ある程度の勤続年数があり、安定して収入を得られているのならば、借り入れは可能です。
(⇒就職証明書を出したら借り入れできる?