急に現金が必要になったときのためにキャッシングサービスに申し込もうかと考えています。ですが、消費者金融などに申し込みをすると、職場に在勤確認の電話がくると聞きました。家族や同僚には知られたくないので職場や自宅に電話連絡されるのを避けたいのですが、電話連絡をしてこないところってあるのでしょうか?

最近では在勤確認の電話なしという消費者金融が増えています

消費者金融を利用する不安要素なるのが、職場や自宅への電話確認という人も多いようです。基本的に消費者金融は安定した収入がある人だけに融資を行います。ですので本当にその人がその職場で働いているのかを確認する必要があるのです。ですがその電話がネックで申し込みをためらう人がいるため、最近では職場への在勤確認なしというところが増えています。

大手の消費者金融ではネットで契約まで完結するというサービスを行っているところがあります。最初の申し込みからネットのみ。必要な情報などをネットで入力します。その情報を元に仮審査が行われ、OKであれば在勤確認の電話をしないかわりに、給料明細や源泉徴収など在勤の証明になる書類をメールで送るなどして証明するのです。

連絡はすべてメールで契約まででき、すぐに融資してもらうことも可能です。誰にも知られたくないと思っている人にはピッタリのサービスなのです。また電話連絡はあるものの、職場ではなく本人の指定した番号に電話連絡というところもあります。メールなどでは時間がかかる確認も、本人の携帯電話に連絡をもらうことができるので、不明な点などもすぐに解決でき、スピーディーに契約まですすめるようです。

ネットやメールだけで手続き完了するサービスは大手の消費者金融数社で行われています。ホームページなどで確認すると、すぐに分かると思います。職場や家族に内緒で少しお金が必要、そんな場合にはネットだけで完結できるサービスは本当に便利ですので、利用しようと思っている消費者金融のサービスを確認してみることをおすすめします。

消費者金融の審査では勤め先に連絡がきますか?

消費者金融でお金を借りるためにはどうすればいいのでしょうか?まず申込みを行う必要がありますが、その次に利用審査があります。審査は、申込者が利用資格を備えているかどうかをテストするものですが、この審査に通過しなければ利用はできません。利用審査で問われることは、ひとえに返済能力の有無です。借りたお金を返す力があるかどうか、そこが最も厳しく問われるところなります。
(→消費者金融の審査基準を教えて!

その返済能力の有無は、さまざまな本人の属性を調査することによって行われます。例えば、収入状況はその一つです。現在の収入状況、その額の大きさはもちろん大切ですが、収入の継続性や安定性も重要です。収入状況のチェックは、収入証明書類を確認したり、勤め先に在籍確認の連絡を行ったりすることでチェックされます。

勤務先の規模も調査対象となります。勤務先の規模が大きければ収入の安定性があるとみなされますので、それだけ返済能力が高いと判断されて審査は有利になります。しかし勤務先の規模が小さかったり安定していないと、返済能力が低いと判断される可能性があります。

どんな家に住んでいるか、居住状況がチェック対象になることもあります。居住状況のチェックでは、持ち家か借家かがポイントになります。審査が有利になるのは持ち家ですが、借家でも家賃の支払いが安定していれば大きなマイナスポイントにはなりません。

他には、他社借入件数、過去の金融事故情報があります。他社借入件数は少なければ少ないほどよく、多額の借金があるとそれだけ審査が不利になります。過去の金融事故情報には、債務整理、強制解約、返済遅滞、自己破産などを含みますが、こうした金融事故の履歴をもっていると、利用困難になる可能性もあります。

勤め先への在籍確認の連絡については、必ずしもあるとは限りません。そもそも審査基準というのは一般に業者によって異なるといわれていますし、調査手法もそれぞれの業者で異なります。そのことも踏まえておくとよいでしょう。

【参考ページはこちら】
在籍確認のための情報は悪用されない?