先日、父が日本信販からお金を借りていると言っていました。どうも以前から利用していたようなんですが、自分はいままで日本信販はクレジットカード会社だと思っていたのですがもしかして日本信販って消費者金融だったりするのでしょうか?消費者金融との違いはなんでしょうか?

日本信販は現在の三菱UFJニコスのことで信販会社です

信販会社とはクレジットカード会社のことです。ですのでカード会社という認識は間違っていません。たしかに最近のクレジットカードにはキャッシング機能等がついており、消費者金融と同じに感じてしまっても不思議ではありません。実際のところ信販会社も貸金業として兼業している会社がほとんどなのです。(こちらもご参考に→消費者金融以外のその他金融業者情報はこちら

そもそも消費者金融と信販会社との違いは何かというと、簡単に言うと「消費者金融はお金を融資してくれるところ」「信販会社は代金を立て替えてくれる会社」です。根拠としている法律も違い、消費者金融は「貸金業の規制等に関する法律」、信販会社は「割賦販売法」を根拠法としています。

元々の目的が違うはずの会社なのですが、クレジットカード会社がキャッシングサービスを行っていることが多いのが現状です。実際にクレジット会社のHPなどをみてみると貸金業としての登録をしているところも多いはずです。

信販会社と消費者金融はちがう業種ということになっていますが、キャッシングなどの融資をうけるときは同じだと思ってください。カード会社からキャッシングするほうが抵抗がないという人もいるようですが、実際は消費者金融の方が融資の条件などが良い場合もあります。利用するのであれば、会社の種類にこだわるのではなく、契約の内容にこだわることをお勧めします。

【参考ページはこちら】
消費者金融に関するおすすめQ&Aもチェック!

消費者信用について・消費者金融と日本信販

消費者信用は個人である消費者が、収入などを勘案して、行われる信用の供与であり、それに基いて行われるサービスです。主に身近にある消費者信用サービスとしては販売信用と消費者金融の2つがあります。
(⇒人気の消費者金融はどこ?詳しく教えて!

販売信用は、いわゆる立て替え支払いをしてくれる信販事業です。これは支払いをその場で行うのではなく後日に行うものです。支払いも一括払いと分割払いがあり、個人が一括で用意できないような金額の商品を購入するのに使われます。現在は、主に信販会社がこの事業を行っており、代表的なのがクレジットカードになります。

なお、日本では、古くから物販信用が行われてきましたが、歴史が古いものとしては三菱UFJニコスの前身である日本信販があり、1951年頃からクーポンによる割賦購入あっせん事業を開始しています。

もう一方の消費者金融は販売信用と異なり物ではなくお金を直接、借りるというものです。住宅ローンや自動車ローンなどは、その商品を購入するために組まれるもので、ある意味では販売信用に近いもので用途を限ったものですが、消費者金融であるキャッシングや銀行が行うカードローンなどは、使用用途を定めていない借り入れを行えるものとなっています。

なお、クレジットカードでも商品購入ではなく現金を借りるキャッシングサービスも付与されている場合もあり、これらの境界は曖昧になってきています。

いずれにしてもお金を借りるため、それに見合った手数料または金利を支払うことになりますが、クレジットカードによる物品購入の場合には、一括払いまたは2回分割払いであれば手数料が無料であり買い物を行うさいに有利とされます。

またキャッシングの金利も低めに設定されているため便利ですが、加入するには審査が必要であり、その基準が高いため誰でも加入できるものではないデメリットがあります。一方で、消費者金融は比較的、その基準がゆるく安定した収入があれば加入することが可能と言われています。