近く個人で開業する予定があります。あまり資金に余裕がないため、金融業者からの借入を考えています。銀行からの借入も考えたのですが、審査に落ちてしまい借入できませんでした。そこで消費者金融などからの借入も検討しているのですが、開業資金となると事業資金にあたるので審査が通るかどうかが心配です。消費者金融から開業資金って借入できるものなのでしょうか?

消費者金融から開業資金を借り入れることは可能です

一般的な消費者金融での借入は個人の信用で融資の有無が決定します。つまり消費者金融は個人を相手に融資しているため、用途が何であったとしても個人の責任のもと返済することになるので、それが開業資金であってもかまわないのです。ただしその消費者金融を初めて利用する場合等は個人の収入等にもよりますが、そこまで高い限度額の設定ではないかもしれません。

消費者金融には事業用のローンサービスなどを用意しているところもあります。事業用のローンは個人向けの融資よりも限度額が高めに設定されていることが多いです。開業前の状態だと法人としての信用がまだないため難しいと思われがちですが、フランチャイズでの開業など展開しようとする事業自体に実績がある場合は審査に通る場合があります。

また個人での借入と違い、年収の1/3を越える金額であっても融資可能なので、ある程度まとまった金額の借入を考えている場合はこちらの方が良いと思います。開業資金として必要な金額と借入額、返済計画などをよく検討した上で一番条件のあうサービスを利用するといいでしょう。
(⇒事業向け消費者金融インターってどんなところ?

消費者金融から開業資金を借り入れするメリット

これからお店を開く、または新しく事業を始めようとしている人々にとって、開業するにあたり多くの労力、手間、初期投資などのコストが掛かってくるとは思いますが、その開業の準備として頭を悩ませる要因の一つとして、いかにして開業資金を抽出するかが挙げられるでしょう。

自己資金が十分ではない場合、お金を借り入れるという選択を採ることになるとは思いますが、その際知人などからお金を借りたりする手段などが考えられますが、消費者金融から借り入れるという手段も考えることができます。以下では消費者金融を利用することで、開業資金を調達する利点を紹介していきたいと思います。

消費者金融のカードローン、キャッシングを利用する利点としては審査の早さ、そして柔軟さを感じられることです。

もちろん金利を安く借り入れることができれば良いでしょうが、それが不可能に近い、または可能な限り早く資金調達を行いたい場合などでは、消費者金融のカードローン、キャッシングを利用することで比較的それらの問題を解決しやすくなり、開業資金の調達の大きなサポートとして利用することが可能になります。

そしてカードローンであれば、場所の制約を比較的受けずに借りることができるのもメリットの一つです。全国のどの場所においても手段さえあれば、必要なときに借りようと思ったら借りることができ、地理的な制約が少なくて済むのもカードローン、キャッシングの魅力として挙げられます。

もちろん金利などを安く、リスクを低く借りたいという方にとっては銀行系が魅力的に見えるとは思いますが、スピードが早い融資を希望する、すでに経営計画を立てており、借りやすいところから今すぐ借りたいという希望を持つ人には、カードローン、キャッシングを利用して開業資金を調達するというのはおすすめできます。

ただし、開業してからどのようにして事業を成り立たせるかなど、経営に関する計画をしっかり立てることはやはり大事であり、その点を怠らず借りていけばいいのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
消費者金融の借り入れはバレるってホント?