70才の父が自宅の修繕費用を消費者金融から借りるつもりだと言っています。どうも銀行でローンを組もうとしたら断られたらしく、消費者金融であれば大丈夫だろうと思っているようです。私がみた消費者金融の申し込みの案内には申し込み可能な人は20歳以上699歳までとなっていました。もしかしたら会社によって規定が違うのかもしれませんが、70才でも消費者金融の利用って可能なのでしょうか?

70才以上の方は消費者金融での新規の融資はしてもらえません

残念ながら70才以上の方は新規での融資はしてもらえないでしょう。というのも、消費者金融のキャッシングなどの融資は無担保で個人の信用で融資の可否を決めます。そこで絶対的な条件なのが、「返済能力がある人」という点です。70才以上となるとほとんどの方が年金での生活になること、また高齢者ということもあり、健康上の状態からも返済能力が高いとは言えないと考えられてしまうのです。

消費者金融も返済してくれる見込みが高い人にしか融資を行いたくないというのが実際のところなので、返済能力が劣る高齢者への融資は行なってくれないのが現状です。年齢の上限は各社若干の違いはありますが、概ね~69才までです。(こちらもご参考に→消費者金融の年齢制限に関するおすすめ記事

中には高齢者を相手に年金を担保に融資するという金融業者もありますが、法律では年金を担保に貸し付けしてはいけないことになっています。そういう業者は悪徳業者の場合が多く、利用するのは避けたほうが無難です。

70歳でも担保になるようなものをお持ちの場合は有担保のローンが利用できる場合があります。自宅があるのであれば、それを担保にローンを組んでみてはいかがでしょうか。有担保ローンは銀行に限らず、消費者金融でもありますので、返済方法などの使い勝手の良い商品を選んで利用してみてはいかがでしょうか。

【参考ページはこちら】
無職でも借りられる消費者金融はどんなところ?

70才以上消費者金融が可能になる場合とは

70才以上消費者金融が可能なところはあるのだろうか?こんな疑問を持った方もおられるかもしれません。それに対する回答は、条件次第で可能であるといえます。その条件とは、各消費者金融会社の審査に通過することです。

基本的には年金受給者が消費者金融を利用することは難しいのですが、それが可能になる場合があります。それは、審査において受け取っている年金が安定収入と認められることです。

消費者金融の審査では安定収入があることが必須条件ですが、70歳以上の年金受給者の場合、基本的に無収入とみなされてしまいます。しかし消費者金融会社によっては、受給している年金を安定収入とみなす場合もあり、そのような場合には審査に通過できる可能性があります。したがって、70才以上消費者金融を希望する人は、まず年金を安定収入と見てくれる金融業者を探すことが必要です。

もちろん、審査項目は収入状況だけではありません。その他の属性においても基準を満たす必要があります。例えばその中には、居住形態や他社借入件数、過去の金融事故情報があります。借家住まいで家賃の支払いも安定していなかったり、他社借入件数が多かったりすると、収入があっても審査が不利になることもあります。

また、過去に金融事故を起こした履歴があると、それだけで利用困難になることもあります。こうした点を踏まえて利用を考える必要があります。

さらには、仮に審査に通過できたとしても、しっかりとした返済計画を立てたうえで利用しなければなりません。全体的な返済計画、金利計算、完済予定日、返済方法などを綿密に考えておく必要があるでしょう。

ちなみに、年金受給者以外の無職や無収入の人であっても消費者金融を利用できる場合があります。例えばその中には、専業主婦、学生などが含まれます。専業主婦は配偶者である夫の同意が得られれば、未成年の学生であれば両親の同意が得られることによって、利用許可が下りることがあります。
(⇒内職している人でも借り入れはできるの?