知り合いの警察官の方からお金を貸して欲しいと頼まれました。警察官なので身元もしっかりしているし大丈夫とは思うのですが、知人などから借金するよりも一般の金融会社から借入をしたほうが気が楽なのではないかと少し疑問に感じたので本人に聞いてみました。

すると「警察官なので消費者金融などには借金できない」と言われたのですが、本当にそうなのでしょうか?公務員で借金している人も多いので警察官に限って消費者金融を利用してはいけないということはありますか?

警察官でも消費者金融の利用は可能です

警察官と聞くと一定の権限を与えられた職業なので制限等が多そうなイメージではありますが、消費者金融の借入などの利用に関しては制限はありません。警察官といえどそんなに高給取りではないので、お金に困って消費者金融等から借入する人も多いようです。

ただしトラブルを避けるために、消費者金融等の利用を避けているという人はいると思います。最近では大手の消費者金融のキャッシングなどがメジャー化しており一般的なイメージですが、どうしても暴力団とのつながり等のイメージは払拭できません。

実際に法を遵守している金融会社の利用であれば問題ありませんが、所謂ヤミ金と呼ばれる違法な貸し付けを行っている金融会社から融資を受けて免職になった例もあるようです。これは高利で借入したわけではなく、警察官ということで金利を優遇してもらったためです。借金を申し込んできた方も、金融会社と関わりを持ちたくないという考えなのかもしれません。

実際のところ、消費者金融等の金融業者を利用するにあたっての警察官の扱いは一般の公務員と変わりません。「消費者金融に借金できない」というのは間違いですが、実際のところ立場的に「利用したくない」というのが正直なところではないでしょうか。

とはいえ知人からの借金だとすぐに用意してもらえない場合もあるでしょうし、やはり気分的にも良い物ではないと思います。もし「借金できない」と本当に思っているのであれば、いざという時に便利ではありますので、利用できることを教えてあげましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融はどんな職業の人が利用してるの?

警官、自衛官なども含め公務員は消費者金融の信用力が高い

急なお金が必要になってたときには、消費者金融や銀行が発行しているカードローンを契約しておくと、非常に便利です。カード一枚持っていれば、いつでも、何度でも、限度額の範囲内でお金を借りることができます。

コンビニのATMや、銀行のATMで、まるで自分の預貯金をおろす感覚で、手軽に借金をすることができるのです。使わなければ金利が付くこともありませんので、とりあえずは日常生活の保険の一種として契約だけでもしておくのが良いでしょう。

さて、このカードローンは、契約に先立って審査があります。審査に通過しなければ、カードを持つことはできません。(こちらもご参考に→消費者金融の審査基準を教えて!

審査には、仮審査と本審査があります。仮審査とは、本人の属性に基づいて自動的に貸し付け可能かどうかを判定されるものです。年収、勤務先、家族構成、自宅は持ち家か否か、他社からの借り入れ状況などなど、色々な項目が確認されます。すべて本人の自己申告に基づく情報です。
(⇒消費者金融の審査、どこを比較すればいい?

これを通過すると次に本審査があります。本審査では、本人の過去の信用情報と勤務先への在籍確認が行われます。在籍確認とは、実際に消費者金融の社員が勤務先に電話をするといったものです。本人が申告した勤務先に、本当に本人が勤めているかどうかを知るためのものであり、借金に関することを聞かれるわけではありません。

また、信用情報の確認とは、本人が近い過去において、債務整理などの大きな金融事故を起こしていないかどうかが確認されます。またクレジットの支払い状況なども問題がないかどうか見られます。

これらの一連の審査を経て、晴れてカードを持つことが許されます。

さて、契約や審査の際にもっとも有利な職業があります。それは、公務員です。警官や公立学校の教員、自衛官、消防官なども含まれます。公務員は、将来にわたる収入が安定しているため、お金を借りても最も安心して返済してくれる人たちなのです。限度額や金利も優遇される場合がほとんどです。