私は現在就職活動中なのですが、以前から消費者金融を利用しています。延滞などもなく、きちんと支払をしているのでトラブルなどはありません。ただ心配なのが借金の有無、特に自分のような消費者金融の利用があると就職に影響があるのではないかというところです。今内定をもらっており、そこに就職しようと思っているのですが、借金で取り消されるなんてことはあるのでしょうか?

借金の有無は企業にはわからないので可能性は低いと思います

就職の際に借金がバレるのではと考える人は多いようです。実際に昔は身元調査などを行う会社もあったようですが、現在では個人情報保護などもありそういったことは違法となっています。それでも心配になるものですが、基本的に企業は個人の借金の有無などの信用情報を見ることはできません。
(⇒消費者金融はどんな職業の人が利用しているの?

たとえ就職したいと考えている会社が、信用情報機関に加盟していたとしても、採用の判断に信用情報を利用することはできないのです。 個人の信用情報を扱う機関はいくつかあります。この機関に加盟している会社であれば、情報を閲覧することは可能なのですが、閲覧には「個人に融資を行う場合」のみ許可されているのです。

ですので就職試験の判断材料のために情報を閲覧することはありません。ただし例外もあります。金融会社や警備会社などお金を扱うことがある企業では、信用情報の開示を求められることがあります。本人が開示に同意してしまうと企業は情報を閲覧することができるのです。信用情報の開示を求めるような企業は内定を出す前の段階からそのことを伝えると思いますので、内定後に突然言われるということはないと思います。

もし消費者金融での借入などが気になるのであれば、一度自分の信用情報を見てみるのも良いのではないでしょうか。支払遅延などの情報は5年間は保持されているので自分が忘れているものなども、確認できます。

ただし、一般的な企業はそこまでの情報開示を求めてくることはないと思いますし、たとえ借金の有無を聞かれたとしても、ローン等がある人はたくさんいます。それが内定後に不採用の理由になるということは少ないと思っていいでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の利用は就職にも影響を及ぼす?

就活をするときに消費者金融を賢く利用する

大学生や専門学校生の場合には、卒業するまでに就活をする必要があります。企業に就職をしなければ、卒業をしたあとの生活をすることができません。しかし、就活をするにはいくつかの問題があります。その問題点の一つとして、費用が挙げられます。

自分が住んでいる県内に就職をする場合は、費用はあまりかかりません。しかし、県外を希望する場合には、交通費がかかるので多くの費用が必要になります。人によっては、多くの企業の試験をうけるのでその分費用がかかるのです。

また、アルバイトをしていない人は貯金がないので費用が出せないといった問題もあります。お金に関する悩みを解決するには、消費者金融の利用がベストです。企業を選択するときには、大手企業から金利や審査のスピードを比較して自分にあったものを選びましょう。就活をするまでに時間がない人は、即日で融資を行っている企業を選択するといいです。大手企業は認知度も高いので、安心して借りることができます。

申し込みの方法はいくつかありますが、即日の融資を希望する場合は無人契約機を使いましょう。タッチパネル方式なので、直感的に操作ができます。わらないことや困ったことがあれば、電話を利用してオペレーターと話すこともできます。必要な情報と書類を提出すると、企業による審査が行われます。申込者の返済能力によって、借入限度額が違うので注意しましょう。返済能力が高い人ほど、借入限度額も高くなっていきます。

カードが発行されれば、自分の好きなように使うことができます。終活といった明確な目的がある場合は、その目的のためだけにお金を使いましょう。賢い消費者金融の使い方は、必要が金額だけを短期間で借りることです。就職が出来た場合には、初任給で返済をなるべく早く行うといいでしょう。はじめて消費者金融を利用するときは、返済計画まできっちりと立てることが重要です。申し込みをする前にきっちりと計画を立てましょう。
(⇒消費者金融を利用するならQ&Aもチェック!