もうちょっと自由に使えるお金がほしいなと思っていて色々と調べていたところカードローンが自分に向いてそうということがわかり、消費者金融でカードローンを契約しようかなという考えに至りました。しかしながらわたしは全くカードローンに関する知識や会社に関する知識がうとくて、どこの会社を選んだらいいのかまったく見当がつきません。

お金に関することですので、できるだけトラブルにならないような会社がいいと思い、とりあえず評判が悪いところをまず候補から外していこうと考えています。そこで教えていただきたいのですが、一般的に「悪い消費者金融」と言われるようなところに共通する点や要素みたいなものはあるでしょうか?その要素を含みそうなところを除外していこうと考えています。

接客態度や執拗な連絡などが悪いと言われる会社の共通点です

評判が悪いと言われる消費者金融で共通しているところと言えば、やはり「接客態度の悪さ」が上位にくるでしょう。こちらはお金を貸してもらう立場とはいえ、消費者金融側は営業しているわけですからわたしたちは客という立場になります。

もちろん客側からお客様は神様なんだからいい態度でいろ!とは言いませんが、接客業なのですから悪い態度で接しているとだんだんお客さんの数は減っていきますよね。特に初めてその会社を利用する場合電話で問い合わせることが多いかと思いますが、電話口での態度が悪いと「あんまりいいところじゃないな」と感じる人が多いようですよ。

次に「執拗に連絡がくる」ようなところも嫌われます。自分が返済を滞らせていたらそれは自業自得ですので執拗に連絡が来ても文句は言えませんが、乗り換えローンの案内を電話でしつこくしてきたり、返済日前に「もう返済日ですよ」と連絡をしてくるようなところもあるようですね。

また、中にはヤミ金とつながっているのかわかりませんがそこでお金を借りてからヤミ金から自分に連絡がくるようになった…といった口コミを見かけることもありました。

ただこのようなことは大手の消費者金融ではあまりありません。なぜなら大手はやはりイメージを非常に大切にしているところですので、悪い評判がたつと一気に広まってしまいます。そうなると顧客の減少につながりますのでサービス面ではとても気を遣っています。特に質問者様は初めてということですから、大手の中から選んで利用するのが一番ではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
人気の消費者金融会社の特徴が知りたい方におすすめ記事

消費者金融評判はネットの口コミの悪い所を参考にしよう

お金を借りる場合に、たとえば大手銀行系の金融会社や、テレビでコマーシャルを放映しているような有名な会社ならばともかく、中小で名前を聞いたことも無いような金融会社でお金を借りなければならない状況もありえます。なぜならその審査のゆるさという点では中小の方が有利だからです。

たとえば、過去に破産歴があったり、別の金融会社で滞納をしたことがあるなどといった場合に、新規で申し込みをしてもなかなか審査に通してくれない場合が多いです。そういった場合に中小規模の金融会社で申し込めば比較的お金を融資してくれる可能性が高いのです。しかし、中小規模の金融会社に申し込む際に注意をしなければならないのが、その一部に闇金業者が混じっているという点です。

実際の店舗の様子や、インターネットのホームページなどからは、正規の運営をしている金融会社なのか、違法な条件で貸付を行う闇金なのかの判別は難しいのです。そんなときに有効活用できるのが消費者金融評判の口コミサイトなどです。インターネットでは無数の情報が掲載されていますが、中でも消費者金融に関する口コミはこういった状況では非常に有益です。
(⇒中小規模の消費者金融は大手より借りやすい?

まず、審査に通りそうだと思った金融会社を見つけたのなら、その会社名で検索をして、実際に利用をした人の書き込みを探してみます。すると、長所や短所などいろいろなことが書かれているでしょう。そして、長所よりも悪い所に注視してみるとその会社の実態が分かる場合が多いです。肝心なのはその会社が法にのっとった金利手数料などでの運営をしているかというところです。

実際に違法な闇金業者は審査という意味では一番甘い物になります。借りるまではどんな業者よりも簡単なのです。しかし、返済自体が困難ですし、いざ返済が出来ないという状況になればどういった手段を選ぶかわかりません。そうなって別の業者からまた再度借りるということにでもなれば泥沼にはまるようなものなのです。