消費者金融や銀行など、カードローン関係の記事などを見ていると時々「独立系」という単語が出てきます。大手の消費者金融会社に対して使われている単語なのですが、一体何がどう「独立」しているのか全くわかりません。大きな会社から独立しているような消費者金融という意味なのでしょうか?

また、独立系の消費者金融はそうでない消費者金融とくらべて何か違いなどはあるのでしょうか?そのあたりも合わせて詳しく知りたいです。

「独立系」とは銀行のグループに属していない消費者金融のこと

一般的に「独立系」と言われている消費者金融は、大手メガバンクなどの銀行の傘下に入っていたり、グループ会社になっているようなものではなく、消費者金融として独立して営業している会社のことを指します。

昔は殆どがこの「独立系」の消費者金融でしたが、法律改正などによりどんどん体力がなくなっていき、現在は銀行のグループのひとつとして営業しているところがほとんどといっても過言ではありません。(最初から銀行グループとして作られた消費者金融もありますが…)

それではこの独立系の消費者金融とそうではない消費者金融の違いになりますが、サービス面としては大きく変わることはありません。

金利であっても大手であれば殆どどこも変わらない金利ですし、借り入れにしてもインターネットバンキングを利用する、コンビニなどのATMを利用する、店舗や自社ATMで借り入れる…など基本的なものはすべてカバーしていますし、返済方法にしてもATMから銀行振り込み、口座振替まで幅広く対応しています。利用する側のわたしたちにとっては正直その違いはわからないといってもいいでしょう。

ただ企業としての安定性はやはり独立系よりも銀行のグループにいるほうが安定しているとは言えますね。独立系の場合自社がダメになってしまったらそこで終わりですが、グループに入っていれば他のグループからサポートが入ったり資金を工面したりなどの事業継続力が高いと言えるからです。

とはいえ万が一独立系の消費者金融が倒産することになってしまったとしても事業そのものがすぐに消滅してしまうということはありませんから、その点の不安は考えすぎても意味が無いと言えるでしょう。

ユーザー側としては特に違いがない、というのが簡単な答えとなります。あまり独立系なのかそうでないのかを気にせず、自分が借りたいところでお金を借りる…これがベストですね。

【参考ページはこちら】
人気のおすすめ消費者金融会社を教えて!

独立系消費者金融系のメリットとデメリットを知る

できるだけ他人に知られずにお金を借りたいと思ってる人もいらっしゃるでしょう。そのような場合には、独立系消費者金融を利用することができます。

独立系消費者金融とはなんでしょうか?これは端的にいって、インターネットを通じて貸付を行う金融業者のことです。大手業者の手法とは一線を画してネットで独立的に営業を行っていることから、このような名称がついています。この独立系消費者金融なら他人に知られずにお金を借りることができますし、またさまざまなメリットもあります。

他人に知られずにお金が借りられるのは当然のことです。なぜなら、独立系はインターネットで申込みを受け付けており、契約、利用開始まで店舗に出向く必要がないのです。店舗出向いて申込みを行う必要がある場合は、全く誰かに知られないようにするというのは無理ですが、独立系ならそれができるのです。

また、インターネットにさえ繋がれば、24時間365日申込みができること、即日融資もができること、携帯電話を利用しての申込みもできるなど、利便性の高さもあります。

さらに良いことは、人件費にコストがかかっていない分、それが金利に還元されて低金利を実現できていることです。返済負担を重くする要素は金利負担にありますが、その金利が低く設定されることは利用者にとって大きなメリットとなります。

ただし、デメリットもあります。例えば、利便性が高い分、無計画に借りてしまったり、ついつい借り過ぎてしまったりすることです。借入は計画的に行うことが基本であり鉄則ですが、それを忘れてしまいがちになる傾向もあります。

したがって実際に利用するときは、お金を借りる意識を忘れないようにし、また返済計画や金利計算、完済予定日など、全ての計画を事前によく詰めておくようにしましょう。

また、インターネットの消費者金融であっても、審査に通過しなければなりません。一定の審査基準が設けられていますので、その基準を満たせるよう努力しなければなりません。