規模は大きいものではありませんが、事業を行っています。最近になって少々資金が厳しくなってきたので追加融資をと思っているのですが、最近は銀行もなかなかお金を貸してくれず、今度一度相談する予定ではあるのですが厳しい状況だろうなと予想しています。

そんな折、事業性資金としても使ってもいいというカードローンがあることを知りました。まだまだそのような会社は少ないようなのですが、いわゆる事業者向け消費者金融というのでしょうか、そのようなところもあるのだなと思わず感心したのを覚えております。

さて、前置きが長くなってしまったのですが質問です。このような事業性資金に利用してもいいカードローン(消費者金融でしょうか)はどのようなものでしょうか?借りることに対してのメリットやデメリットなどもちろんあるとは思いますが、銀行の融資と比較してどのような感じになるのでしょうか。

銀行の融資と比べると金利は高いので使いどころが重要です

事業性資金として利用できるカードローン、ビジネスローンと言われることもありますね。事業者としては、会社の運営などの資金に利用できるのは非常に大きな魅力を感じられると思います。他にもビジネスローンのメリットとして、審査が銀行よりも甘いと言われていることでしょうか。やはり基本は消費者金融という位置づけですので、一概にすべてとはいえませんが傾向としては銀行から融資をしてもらうよりも手軽と言われています。

ただしデメリットももちろんあります。まずは金利が銀行に比べて非常に高いことでしょう。一般的なカードローンに近い金利になっていると考えていただいて問題ありません。借りやすい点は大きなメリットですが、返済額がふくらみやすいのは大きなデメリットと言えるでしょう。借り入れる額もどうしても大きくなってしまいますので、その分利息が高いと返済総額も大きくなってしまいます。

また、ビジネスローンからお金を借りている状態ですと銀行の融資を受けにくいデメリットもあります。一時的なものですぐに返済、であれば大きい影響はありませんが、継続的に借りている状態ですと銀行に融資をしてもらうのはより難しくなってしまうかもしれません。

一時的な資金のつなぎなどとして利用するにはいいかもしれませんが、継続的に利用するのであればきちんと返済プランをどうするか考えておかないと厳しい状況になってしまうかもしれません。まさにご利用は計画的にといったところですね。

【参考ページはこちら】
自営業者専用のカードローンにはどんな特徴がある?

事業会社向け消費者金融を利用して資金繰り

事業を行う会社にとっては資金繰りというのは大きな課題であり、また悩みを抱えやすい問題の一つではないかと言えます。

売り上げがあった場合、それが口座に入金されるまで時間があったりする場合、そして上手く銀行などからお金を借り入れることができた場合においても、実際にそれを利用するまでのつなぎはいかにするか等事業を行う人々にとってはお金を借りる等資金繰りに関する問題は避けられないものです。

しかし、事業を上手く回転させたいと感じたときに、必要な時、場所で可能な限り早く、そして比較的容易に借り入れによって事業用のお金を抽出し、そしてそのお金を上手く事業に回せたら、事業を行い続ける上で大変手助けになるのではないでしょうか。
(⇒事業者向けローンは消費者金融にもある?

それらの目的を可能にする手段として消費者金融のカードローン、キャッシングの中には事業会社向けのサービスがあり、そしてそれらを利用すれば、必要なときに必要な金額の事業用の資金を一時的に確保でき、事業の資金繰りの手助けとして活用することができます。

ここでは消費者金融のカードローン、そしてキャッシングを利用することで事業を上手く行うメリットについて述べていきます。まずスピードが早いことが挙げられ、それこそ24時間いつでも借り入れができるというのが魅力であり、まさに金融のコンビニといったところでしょうか。

消費者金融のカードローン、キャッシングならパソコン、携帯を利用することで24時間、そして手数料がかからず利用できるサービスもあり、これなら急に事業用の資金が必要になっても資金が調達でき大変便利です。

またコンビニから利用できる事業会社向けのカードローン、キャッシングもあり、手軽にそして近くに足を運べるコンビニさえあればさっと利用可能なのも魅力的です。

そしてこの事業会社向けの消費者金融のカードローン、キャッシングを利用するには申し込みが必要ですが、来店も不要で申し込むことも可能であり、利用までの手間が掛からないのも特徴的です。