昔サラリーマン金融と言われるものが非常に多かったと思うのですが、最近そのような名前を全然聞かなくなりました。そのかわり消費者金融という名前を非常に多く聞くようになり、周りの人も消費者金融を利用しているなんてことも耳に入ってきたこともあります。

この消費者金融はサラリーマン金融とは違うものなのでしょうか?それとも名前が消費者金融に変わっていったものなのでしょうか。昔はあんなに台頭していたサラリーマン金融がぱったりなくなってしまったように感じて、時代を感じるといいますか少しの寂しさもあったり…。サラリーマン金融はどうなってしまったのか、消費者金融とどういう関係なのか教えていただきたいです。

昔のサラリーマン金融が今の「消費者金融」になっています

質問者様が想像されている通り、昔のサラリーマン金融、いわゆるサラ金と言われていたものが現在の消費者金融になっています。なぜ名前を変更したのかという背景としては、やはりサラリーマン金融という名前はネガティブなイメージが強いものになってしまったことが大きな理由になっていると思われます。

当時は今と違ってグレーゾーン金利と言われる違法ながらも罰則がない範囲の高金利でお金を貸していたため、非常にお金を貸す側が有利な状況でした。取り立てなども一部のところでは当たり前のように行われており、破産してしまう人や自殺してしまう人も非常に増えてしまいました。

ある意味「ネガティブなブーム」になってしまったサラリーマン金融。法律が改正されたことで今までのような高金利では貸し出すことが不可能になり、むしろ返済しすぎだった分を請求される立場となってしまいました。グレーゾーン金利で商売をしていたので自業自得とは言えるのですが、体力がなくなってきたところにこのサラリーマン金融というなネガティブなイメージがつきまとうと収益も上げることが出来ません。

そこで消費者金融と名乗るようになり、サラリーマンだけでなく主婦やアルバイトの人でもお金を借りられますよ、もっと広い間口ですよというアピールを始めた…という経緯があります。実際の中身はサラリーマン金融と大きく変わる点でいえば法改正による金利の変更やお金の借り入れの制限などが加わったことでしょうか。(こちらもご参考に→消費者金融の上限に関するおすすめ記事

あとはやはりサラリーマン金融のようなネガティブなイメージを思い起こさせないための爽やかな作りのホームページであったり、よりサービスに力を入れている印象がありますね。

【参考ページはこちら】
大手ではない優良消費者金融を教えて!

サラリーマンが消費者金融をよく利用している

消費者金融を利用されている方が増えています。背景には、やはり不景気ということが大きく関係しているようです。それは、不景気であることで必要な時にお金がないというケースが増えているということもあります。その時に、あきらめてしまうのか、なんとか用立てるかということで、その後の人生に影響してしまうということも少なからずあります。

消費者金融は、利息がどんどんふえてしまったり、返済できなくなってしまってひどい思いをしているというテレビ番組などもありますし、そういった状況に陥ってしまうのではないかということで、利用を躊躇している方もいるかと思います。

しかし、実際には返済計画をきちんと立てて、計画的な利用をすれば、全く問題ないのです。それによって、より豊かな生活を送ることができるかもしれません。

サラリーマン金融という言葉があるように、サラリーマンの方でも消費者金融からお金を借りることができます。その際、必ず審査というものがあります。審査では、返済能力があるかどうかであったり、またブラックになっていないかどうかといったことが調べられます。
(⇒消費者金融の審査基準ってどうなってるの?

ブラックというのは、過去に金融機関などでお金を借りた際に、返済期日を守れなかったことがないかということであったり、また自己破産の経験がないかといったことで対象となってしまいます。

いまはブラックリストにのってしまっていても、審査が通るという緩いところもあるようですが、その場合には一般的な金利よりも高めに設定されていることもありますので、注意が必要です。利用の際には、特に返済計画をきちんと立ててから使うようにしましょう。

色々な目的があってお金が必要になるわけですが、本当に必要なのか、またきちんと返すことができるのかといったことは、必ずよく考えてから利用するということが大事なのです。

システムとしてはとても簡単で、カードなどが発行されたらATМで引き落としして、入金も簡単にできますので便利です。