年収350の28歳です。いま消費者金融から30万借り入れしているんですが、できればもうちょっと多く借りられるようになりたいんですよね。具体的には60万くらい、今の2倍くらいがいいんです。けど、利用限度額の上限ってなかなか上げにくいとも聞いていて、他の会社から30万円借りることも考えたんですけど金利が安くなるかも…と思うと踏み切れない部分もあって迷っています。

そこで、利用限度額の上限の上げ方といいますか、上げやすくなる方法があったら教えてほしいです。今はまだお金をかりて4ヶ月ほどなのですぐに増額っていうわけにはいかないと思いますが、できるだけ早く増額出来るようにしておきたいです。

たくさん借りてたくさん返済するのが増額への近道です

非常にシンプルですが、たくさん借りてたくさん返済する、これが利用限度額の上限をあげるための近道です。「たくさん借りる」と「たくさん返済する」はもちろん1セットですので、片方だけではいけません。どういうことかといいますと、まずお金を借りることで「自分はあなたの会社を利用しています」というアピールになります。

そして、それをしっかりと返済することが大切です。繰り上げ返済を利用しても構いません。そうすることで「お金を借りてもきちんと返済する能力はありますよ」というアピールをするわけです。とはいえ、借りたその日に返済なんてしても意味はありませんので気をつけてください。利息がほとんどつかず、会社側の利益にならないからです。

たくさんお金を借りて、こつこつ返済することも悪いことではありませんし、ほとんどの方がそのような形でお金を借りているでしょう。それはそれで全く問題ないのですが、20万円を借りたとしてそれを2年3年とかけて返済しているのは返済能力が高い印象にはなりませんよね。ある程度きっちり、ある程度の額をまとめて返済することが必要なんです。

だらだらとした借り入れではなく、メリハリをつけた借り入れを意識すること、合わせて延滞などは絶対に行わないことが必要です。もちろん時間も必要ですけどね。質問者様の場合借り入れて4ヶ月ということですから、半年から1年間くらいは見たほうがいいかもしれません。うまく行けばカードローン会社側から増額の案内がくるかもしれませんよ。

消費者金融上限あげ方契約時の上限額までしか借りられないのか

怪我や病気での長期の休養や急な冠婚葬祭など、予定外の出費がかさみ急にお金が必要になることはそう珍しいことではありません。普段から、蓄えがありまとまった預金を持っている人はしのげるかもしれませんが全ての人に貯金があるわけではありません。

預金がない人が病気や怪我などでの長期休養などで給料が普段より大幅に下がってしまったり急に田舎に戻らなければならなくなったりした場合はどうすればよいのでしょうか。身近に両親などがいる場合は両親に借金をすることも可能でしょう。ですが、そうはいかない場合はやはりどこかからお金を融資してもらうしかないでしょう。

さてお金の融資というと、どこが考えられるでしょう。銀行を考えるかたもいるはずです。ですが、銀行で即日ローンを組むことは容易ではありませんし平日の限られた時間しか営業していない銀行がほとんどです。予め、クレジットカードをもっていたり銀行のキャッシングカードを契約していれば間に合うかもしれません。こういったカードは持っていないという人はどうすればよいのでしょうか。

このように急な出費を用立ててくれるのが消費者金融です。少し良くないイメージを持っている人も多いと思われますが、TVコマーシャルなどで有名な大手の消費者金融会社ならばある程度リスクは抑えられるでしょう現在、消費者金融には合計で年収の三分の一を貸出しの上限とすることで返済不能に陥らないようにする法律が整備されています。これにより、複数の金融会社から上限いっぱいに借り、破産してしまうリスクが軽減されています。

ですが、最初の契約時から限度いっぱい借りることはできません。最初に審査に通った時に知らされる上限額は予想より低い場合も少なくありません。この金額では足りないときはいわゆる闇金に借りなければいけないのでしょうか。そんなことはないのです。

消費者金融上限あげ方として以下のような方法が考えられます。ひとまず少額の融資を受け、年収が昨年よりも増えた旨を伝えれば上限は上がります。また最初の融資分の返済を滞ることなくおこなっていけば金融会社からの信用も高まり、もう少し貸しても大丈夫だというように上限額も増えていくでしょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融の借り入れ上限を上げるには?