消費者金融は審査に時間がかかるんですかね?申し込みをしてすぐ貸してください!っていうのは厳しいですか?

急にお金かりなきゃどうしようもないってなった時、誰からも借りれなかったら消費者金融かなって思ってたんですが時間がかかるなら無理かもって思って。

消費者金融は最短即日融資可能なところもある

消費者金融を利用するまでにいくつかステップを踏む必要があるわけですが、一番時間がかかるって言われているのが審査です。審査さえ乗りきってしまえばあとはスムーズに手続きができるのですが、利用可否を決める審査ハードルを消費者金融にとって大切なものですから手を抜くわけにはいきません。

ただ、最近では審査をスピーディーに行うためのノウハウを持つ消費者金融が増えてきたため、申し込み後数十分から数時間で審査結果が出る、そのまま契約できれば申し込んだ日にお金を借りることができることもあるんです。

審査時間を短く済ませられるようになったのは、機械での審査とマンパワーによる審査を住み分けたことも1つの要因でしょう。申し込み情報の中で機械が判断できる情報、つまり年収や他社利用金額などの数値情報については消費者金融のハードルに合わせて瞬時に利用可否が分かるようにして、機械が判断するのが難しい在籍確認や信用情報のチェックをマンパワーで行うようにしたんですね。

こうすることで審査時間を短縮することができたのです。ただ、審査には機械と人の手が必要になりますから、深夜の申し込み、営業日以外の申し込みだと人が対応することができません。翌営業日、営業時間まで待つ必要がありますから、必ずすぐ審査してくれるわけではないのです。

【参考ページはこちら】
無職でも審査に通れる激甘審査消費者金融

消費者金融の審査は時間かかるというのは本当か?

消費者金融の審査は時間かかるのか、という質問をよくインターネット上で見かけますが実際は全く逆です。消費者金融の審査スピードは業界の中でもトップクラスです。むしろ銀行系や信販系のカードローンの方が審査に時間がかかることが多いのです。消費者金融法は審査の甘さとスピードに加えて、スピード融資がいちばんの売りとなっています。

ですので、金利の高さについて気にしない場合や、どうしても即日借り入れを行いたい際は、消費者金融へ申込みをするのが1番早いでしょう。

今には銀行系や信販系のカードローンに比べて、やや高めの設定になっていますが消費者金融によっては何日間かの間無利息で借り入れを行うことができるところもあります。このサービスを利用しない手はありませんので、もしすぐに返済できる予定であればそのようなところへ申込をするのが1番良い選択ともいえます。

とはいえ、銀行系のローンに魅力がないわけではありません。やはり最大の魅力は金利の安さでしょう。ですので、借入金額が大きい方には大変向いているとも言えます。またもう一つの特徴としては、総量規制の対象外になっているということでしょう。総量規制とは数年前に制定された法で、年収の3分の1以上の借り入れを禁止するものです。

この法律に銀行は縛られることがないので、年収の3分の1以上の借り入れがある人にもお金を貸すことができるのです。この法律は、銀行にとってとても追い風になっていることでしょう。最近ではネット銀行も個人への融資に力を入れ始めており、低い金利とネット銀行ならではの使い勝手の良さを武器に年々利用者を増やしています。

さらに言えば、ネット銀行は銀行系のカードローンでありながら審査が甘いという口コミがインターネット上でよく見かけることができます。実際にどこの銀行へ申し込みをしても断られていた人が、ネット銀行へ申し込んだら借り入れできたという例が何件もありますので、試してみる価値は十分にあるといえます。
(⇒消費者金融のネット申込みはいつできる?